NMRの自動化

SampleCase

ほぼ全ての Bruker NMR 磁石に対応する、ユーザーフレンドリーな自動化システムです。
SampleCase

ハイライト

便利
手の届く高さでサンプルにアクセス
冷却
24 サンプル、設定温度に冷却可能
加温
24 サンプル、室温から125℃に加温できるカローセル
SampleCase Flyer
ダウンロード

特長

SampleCase™は、手軽で安全、ユーザーの高さで作業しやすい本格的なNMRオートメーションを搭載した、初の NMR 自動化ソリューションです。踏み台や脚立を必要とせずに、ボタンを押すだけでマニュアルで試料の挿入・取り出しが可能です。このユーザーが作業しやすいシステムは、ほぼ全ての Bruker NMR 磁石に対応します。

SampleCaseは、24本の試料へのランダムアクセスが可能で、300~900 MHzの Bruker スタンダードボア自己遮蔽型磁石 のほぼ全てに適合します。 SampleCaseの構造は、SampleXpress™やSampleJet™と同様、ブルカーの技術に裏付けられた信頼性のある最新オートメーションデバイスを踏襲しています。

TopSpin™やIconNMR™ソフトウェアと完全な互換性を有していることから、AVIIやAVIIIコンソールを搭載した最新のNMR装置のいずれにも追加することができます。さらに、SampleCaseはBSTへ直接アクセスが可能なため、MASやCryoFitオプションとの互換性があります。

SampleCaseは、ルーチン利用のNMRシステムの安全で利便性の高いサンプルアクセスを可能にするだけではなく、研究向けの高磁場装置にも最適な選択肢となる自動化オプションです。

常温測定用の SampleCase Plus

ハイスループット分析を行う実験室のために、60本の試料管が設置でき、容易で効率的な自動化を実現します。


保温機能がついた SampleCase Heated

ポリマー研究のために特別に設計された保温機能付きの SampleCase もご用意しています。SampleCase heated は、最高125°Cで最大24本の試料管を並べることが可能です。測定まで、ポリマーを溶液の状態で保存することができます。


冷却機能がついた SampleCase Cooled

冷却機能付きのSampleCase cooled は、ユーザーが作業がしやすい高さで、安全で容易な NMR の自動化を実現するというコンセプトを踏襲した上位モデルです。試料の冷却保存が可能なプラットフォームにより、タンパク質、RNAや体液など、温度感受性の高い試料を、少ないバッチ数で自動分析することができます。SampleCase cooledは、ほぼ全てのブルカーの NMR 磁石に搭載可能です。

仕様

仕様

  • 300 ~ 900 MHz のブルカーの遮蔽型磁石に対応 (詳細については、担当者にお問い合わせください)
  • ボタンを押すだけで、直接手で装置からの試料の出し入れが可能
  • 管径1~10 mmの全ての試料管に適合
  • 長さを問わず全ての試料管を使用可能(株式会社シゲミ製試料管を含む)
  • TopSpin™及びIconNMRTMソフトウェアと互換
  • AVANCE™ II 又はAVANCE™ IIIを搭載した最新のNMR装置に追加可能
  • 全てのブルカー社製室温プローブ及びCryoProbesと互換
  • エア式スピナーを使用
  • 圧縮空気又は窒素ガスの基準値は標準:5 bar及び100 normliter/min
  • システム通信ランプでステータスを表示
  • RF干渉なしに防振を実現
  • ブルーカーサービス担当者による迅速な設置

サポート

サポート

サービスとライフサイクルのサポート

最初の問い合わせから評価、設置、および機器の寿命まで、購入サイクル全体を通じて比類のないヘルプを顧客に提供するというBrukerのコミットメントは、LabScapeサービスコンセプトによって特徴付けられます。

LabScapeメンテナンス契約、オンサイトオンデマンド、エンハンスあなたのラボは、最新のラボのメンテナンスとサービスに新しいアプローチを提供するように設計されています