プローブ

TBO プローブ

三重共鳴多核プローブ(TBO)

三重共鳴実験用の多用途な室温多核プローブです。31Pから15Nのあらゆる核種の観測に最適なプローブで、1Hと19Fを同時にデカップリングすることが可能です。

アクティブシールドされたZ軸グラジエントを備えた、直径5 mmのサンプル用の三重共鳴高分解能プローブです。内側のNMRコイルは、31Pから15Nまでの範囲の全ての核種を観測できるようにチューニングすることができます。

外側のNMRコイルは、1Hと19Fを同時にデカップリングできるようにダブルチューニングされています。プローブには2Hロックチャンネルが装備されており、自動チューニング・マッチング機能が付属しています。

技術詳細

  • 31Pから15Nの核種の観測用に最適化された内側のコイル
  • 1Hデカップリングまたは1H観測用にチューニングされた外部コイル
  • 独立の19Fチャンネル
  • 400~600 MHz装置で使用可能
  • サンプル径 5 mm
  • 全周波数でのZ軸グラジエント
  • オプションの自動チューニング・マッチング(ATM)機能
  • X, F, H 核観測の全ての実験の自動化が可能

LabScape

磁気共鳴および前臨床イメージング向けのサービスとライフサイクルサポート

ブルカーは、最初のお問い合わせから評価、据え付け、その後装置が寿命を迎えるまでの購入サイクル全体を通して、お客様に比類のないサポートを提供することをお約束します。

LabScapeの保守プラン、On-Site, On-Demand, Enhance Your Lab は、最新の実験室に適した保守とサービスを行うために、新しいアプローチを提供するよう設計されています。