Surface plasmon resonance (SPR)

Sierra SPR-32 Pro

分子間相互作用のハイスループットSPR分析 - 初期スクリーニングから詳細な速度論的特性評価まで

ハイスループット

8チャンネル/4スポットのアレイにより、24時間で13,200回の相互作用分析が可能

sierra-spr-32-pro

ハイライト

Surface plasmon resonance (SPR)

複雑なハイスループットアプリケーションに対応

ハイスループット
1日あたり4400以上のサンプルで13,200以上の結合反応を生成し、エピトープの特性評価や抗体、フラグメント、低分子スクリーニングなどのアプリケーションに対応します。
柔軟性
最適な性能、柔軟性、アプリケーション範囲のために、1本から8本までのニードルの組み合わせを選択してください。
コントロールと感度
インチャンネル制御により、必要なアッセイサイクル数を半減させ、複数の試料調製間の潜在的なばらつきを排除することでデータ品質を向上させます。
簡便性
Sierra SPR制御ソフトウェアは、ハードウェアの柔軟性と使いやすいドラッグ・アンド・ドロップ方式のエディタを組み合わせています。

特長

Sierra SPR-32 Pro

業界をリードする性能とハイスループットSPR分析の融合

リアルタイムでのラベルフリー検出の新たな可能性
下記の特徴により、性能、スループット、検出感度を維持しながら、柔軟な装置操作と堅牢なアッセイ開発を可能にします。
 
  • 4つのスポットを持つ8つのフローセルで構成される32個の個別にアドレス指定可能な検出スポットにより、1回の注入でより多くのターゲットとコントロールを分析
  • 連続フローハイドロダイナミックマイクロ流体は、様々なサンプルマトリックス中での正確な速度論のための迅速な溶液移行を可能にします。
  • 個々のニードルコントロールは、1回の注入で1~8サンプルを処理できます。
  • 柔軟なバッファー構成で時間とサンプルを節約
  • ユーザーフレンドリーなソフトウェアは、ハイスループットのSPRデータ収集と解析を提供します。

感度のための画期的なSPR検出
SPR+検出器は、イメージング表面プラズモン共鳴(SPRi)と高強度レーザー光源と高速光学スキャンを組み合わせることで、その感度を実現しています。この配置は、比較的大きな2次元センサーアレイの高感度イメージングをサポートし、光源の強度により高速カメラの使用が可能となり、1スキャンあたりの共鳴測定値をより多く収集します。その結果、0.02 RU (RMS)のS/N比と、フラグメントや低分子結合実験で頻繁に観察される小さな応答変化を測定する際の精度が向上しました。

Sierra SPR-32 Pro

自動化されたハイスループットサンプル分析

31のターゲットと1つのコントロールサーフェスを用いたハイスループットSPR分析

各分析サイクルで32の検出スポットが利用できるため、様々な構成をユーザーが定義することが可能であり、SPR分析のスループットを最大化することができます。これには、31のコントロール差分注入、最大3つのインラインコントロール、またはチャンネルあたり4つのターゲットを含めることができます。オートサンプラーは、幅広い96ウェルおよび384ウェルのマイクロタイタープレートと互換性があり、共通のラックポジションを備えたデュアルプレートサンプルデッキにより、自動化を促進することができます。

オプションのプレートハンドリングロボットを装備すると、ハイスループットモードで機能し、1日あたり4,400以上のサンプルを分析することができ、13,200以上の相互作用分析が得られます。

Sierra SPR-32 Proは、APIを介して自動スケジューリングソフトウェアに簡単に統合できます。

Sierra SPR-32 Pro

マルチバッファー分析のためのフレームインジェクション機能

8本のシリンジの連続フローバッファーは、強力なアッセイ開発および最適化ツールです。異なるpH、塩、洗浄剤または溶媒濃度など、さまざまな条件でのハイスループットSPR分析をサポートします。同時マルチバッファー分析は、スループットを向上させながら、時間と試薬を節約します。

利点

Sierra SPR-32 Pro

パフォーマンスでハイスループットを実現

Sierra SPR-32 Proシステムは、エピトープの特性評価や抗体、フラグメント、低分子スクリーニングなどのハイスループットアプリケーション向けに設計された堅牢な装置です。

最大8つのサンプルを同時に注入することで、ハイスループットアッセイの開発と最適化が容易になり、粗サンプルと精製サンプルの両方を迅速に定量分析することができます。ハイドロダイナミックアイソレーション(HI)連続フローマイクロ流体技術は、センサーアレイ上のフローとしてサンプルを処理します。これにより、スタンドアロンシステムで8サンプルの処理が可能となり、オプションのプレートハンドリングロボットを使用することで、1日あたり4400サンプル以上の処理が可能となります。

Sierra SPR-32 Pro

柔軟性が生産性を最適化

個別ニードルコントロール(INC)は、スループットが主な要件ではない場合に時間と材料を節約しながら、性能、柔軟性、アプリケーション範囲を最適化します。

フレームインジェクションを使用して、装置内で最大8つのバッファーを同時に使用することができます。1回のアッセイで異なるpH、イオン強度、洗浄剤や溶媒の濃度、補因子や阻害剤の効果を評価できるため、よりシンプルで最適化されたアッセイが可能となり、最終的にはスループットと生産性が向上します。チャンネルごとに4つのセンサーを搭載したデザインは、極めて複雑な分析でもスループットを維持しながら、コントロール分析に最大限の柔軟性を提供します。

Sierra SPR-32 Pro

アッセイコントロールと感度

4つの独立したアドレス指定可能な検出スポットが、Sierra SPR-32 Proシステムの8つのチャンネルにそれぞれ設定されています。サンプルは、活性表面だけでなく、最大3つのコントロール表面でも同時にテストできます。多くのSPRアプリケーションでは、コントロールタンパク質への非特異的な結合を早期に検出することが重要です。

低分子スクリーニングや特性評価では、HSAやBSAなどの血清タンパク質への結合は、医薬品開発に不可欠な要素です。チャンネル内制御を追加することで、必要とされるアッセイサイクル数を半減させ、複数のサンプル調製間の潜在的なばらつきを排除することでデータの質を向上させます。

SPR+検出器は、イメージングSPR(SPRi)と高強度レーザー光源と高速光走査を組み合わせたものです。その結果、S/N比が向上し、小さな応答変化を測定する際の精度が向上します。

Sierra SPR-32 Pro

使い易さ

Sierra SPRコントロールソフトウェアは、初期のアッセイ開発から事前に定義されたメソッドテンプレートまで、すべてのユーザーに最適なソリューションを提供します。このソフトウェアは、ハードウェアの柔軟性と、使いやすいドラッグ&ドロップ方式のメソッドエディタを組み合わせたものです。定義されたプレートとメソッドライブラリーは、ワークフロー構築をサポートし、データビューでは、フローセルをリアルタイムで視覚的にモニタリングすることができます。

詳細

Sierra SPR-32 PRO

表面プラズモン共鳴のアプリケーション


フレームインジェクションを用いた条件依存性結合の検討

従来の条件依存性結合の研究では、高い試薬コストと長時間の分析時間が求められていました。フレームインジェクションは、低サンプル消費量でコストと時間の節約を実現します。


アミンカップリングを用いた配位子密度の影響方法

最適な動力学的測定を得るためには、理想的な固定化レベルを見つけることが重要である。ここでは、異なるターゲットの例で影響を与えるパラメータを調べています.。.


タンパク質標的への低分子結合のスクリーニングと特性評価

SPR検出によるリアルタイムラベルフリー分析は、低分子医薬品や医薬品候補の生物物理学的特性評価のための強力なツールです。



バイオ医薬品のスクリーニングと特性評価
SPR検出によるリアルタイムラベルフリー分析は、タンパク質治療薬の生物物理学的特性評価のための強力なツールです。