Pnemology

呼吸器研究の進歩は肺の前臨床イメージングによって達成

呼吸器学では、呼吸器系に影響を与える疾患の予防、診断、治療を行います。喘息や慢性閉塞性肺疾患などの呼吸器疾患のほか、心血管疾患やがんなど、肺に影響を及ぼす可能性がある一連の慢性疾患が存在します。肺イメージング法によって、医療専門家は、肺が一連の疾患によってどのように影響を受けるかについて理解を深めることができるようになったため、治療を最適化できるのです。

イメージング法は、多くの肺疾患の根本原因の正確な性質を研究者が決定するのに役立ち、それによって呼吸器疾患の診断力が大幅に向上しました。特に、前臨床小動物イメージングは、肺疾患の発症機序と治療の効果に貴重な洞察を与えてきました。

コンピュータ断層撮影法、磁気共鳴イメージング、 および ポジトロン断層撮影法を使用したこのような研究では、肺障害(肺炎、肺塞栓症、肺高血圧症など)の診断の確定、肺腫瘍の早期発見、気管支がんの病期分類のための重要な特徴が同定されてきました。

Brukerの分子イメージング技術の広範なポートフォリオには、肺 PET と MR の統合を容易にするシステムや、生きた動物の研究に使用できるマイクロCTスキャナーがあります。