banner_textile-fiber_vs1.jpg

織物/繊維業界

スピン仕上げ測定、繊維での仕上げ (FOF)、オイル ピック アップ (OPU)、Avivage

後工程での取り扱いを向上させるために、製造中にさまざまな繊維にスピン仕上げが追加されます。このように、静電気と十分な潤滑はそれぞれ効果的に避けられ、保証されます。

明らかに、スピン仕上げの量を厳格に制御する必要があります。そのために、偏向が無く、非破壊のほか、迅速で信頼性も高い方法が必要とされます。minispec mq-one スピン仕上げ分析装置は、これらの需要を満足し、顧客の期待を超える完璧な選択肢です。

スピン仕上げ用途: あらゆる繊維に実績があ.

パートナーとともに Bruker は 80 年代にこの minispec TD-NMR を開発しました。それ以来、 以下のように、minispec スピン仕上げ法はほぼすべての種類の繊維に対して良好であることが証明されています:

  • 工業用繊維
  • 織物繊維
  • 多繊維、短繊維、ステープル ファイバー
  • Texturized 繊維
  • 次の材質製の繊維および糸: ポリエステル、ポリアミド、ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリアクリロニトリル
  • 次の材質製の不織布: ポリプロピレン、ポリエチレン

スピン仕上げ法: 無重量と秤量

時は金なりです。言い換えれば、方法が必要する段階が少なければ少ないほど、より良いものになります。Bruker の mq-one スピン仕上げ分析装置は、無重量法と呼ばれる方法を提供します。この方法は、1 つだけの測定段階から構成されます。

最高の正確性と精度が必要な場合、もちろん秤量法も提供されます。この方法は、サンプル重量も考慮に入れます。

Related Information