banner-product

高速、低被ばく量、高分解能のマイクロCT

ブルカーの次世代装置SkyScan 1278

生体イメージングのための新しいSkyScan 1278マイクロCTシステムは、疾患に対する生理学的反応や再生医療等のエキサイティングな領域に従事する研究者のニーズに応えます。多くの研究者は動物実験で使用する放射線量の抑制に取り組んでいます。使用する線量が低いと放射線関連合併症の抑制になりますが、画質が犠牲になるような装置では意味がありません。ブルカーはSkyScan 1278の開発の一環で、マイクロCT空間ビームシェイパーフィルタを作成しました。このフィルタは、高画質でのアウトプットを維持しながら、吸収線量を最大で5分の1に抑制します。

SkyScan 1278は、造影剤を使わずにマウスの心臓や肺の活動を画像化できる高感度のフラットパネル検出器を採用しています。非造影ならば、動物に大きなストレスを与えずに、心臓や呼吸器の機能を調べることができます。また実験コストの抑制にもつながります。動物の全身スキャンは8秒以内で行えるため、データ収集のスピードアップが図れます。本システムには、研究のワークフローを補助するための多くの革新的な機能が組み込まれています。SkyScan 1278の感圧型タッチスクリーンは、手袋をしたままの操作が可能です。結果を直接モバイル端末(iPad、iPhone、Android等)に転送することも可能で、専用アプリによりボリュームレンダリングや仮想切断などが行えます。また、レビュー用のリンクを記載した電子メールを送信することも可能です。

SkyScan 1278システムには交換可能な動物用カセットが付属します。このカセットは、ブルカーのすべての生体用イメージング装置(MRI、PET、SPECT等)で、マルチモーダル情報の収集に使用できます。このカセットを使用することで、同じ動物個体の機能的画像と形態学的画像の重ね合わせが容易なります。また、生理学的モニタリング機能も統合されており、呼吸や心拍との同期撮像が行えます。

主な利点

  • マウスやラット全身を標準 6 mGy以下の低被ばく量で、最短8 秒以下でスキャン
  • マウスやラット全身を50 µm分解能でスキャン
  • 高速・高感度のフラットパネル検出器により、造影剤を使用せずに、マウス心臓や肺の4Dイメージングが可能