食品に含まれる異物の特定
 

ブルカーの分光測定ソリューションを使用することで、食品に含まれる異物を迅速に特定し、その発生源を予測できるため、時間とコストを節約できます。
アプリケーション

食品に含まれる異物の特定

食品メーカーにとって、発見した異物の特定からその発生源の予測までの時間を短縮できれば、大幅なコストの削減につながります。より早く異物を特定し、その原因が製造装置の欠陥、原材料、虚偽の請求のいずれかを判断することで、より迅速に生産を再開することができます。

どの食品メーカーも、製品に異物が混入することを望んでいませんが、それは起こり得ることです。そのため、これらの異物を迅速に特定し、その発生源を予測するための分析ツールを身近に所有することが重要となります。製造中に、プラスチック、ゴム、金属、セラミック、石、ガラスなどの破片が発見された場合は、製造機器の不具合や磨耗に起因している可能性があります。このような場合、当社の分光測定ソリューションは、修理や交換が必要な製造機器を導き出すことができます。

さまざまな異物がある中、プラスチックやゴムなどの有機物の分析には  FT-IR 分光計、ガラス、金属片、破片などの無機物の分析にはハンドヘルド XRF が最適です。ベンチトップ FT-IR とハンドヘルド XRF は、いずれも製造現場やラボで使用され、わずか 1 mm 程度の異物を特定することができます。さらに、20 µmまで の微小な無機物の特定にはラボのマイクロ XRF 、2 µm までの有機物の特定にはFT-IR 顕微鏡が最適です。

関連動画

How to use handheld and portable XRF (HH-XRF , pXRF) to to identify physical contamination in food products

How to use XRF spectral fingerprinting to ID physical contamination in food products