単結晶X線構造解析(SC-XRD)

単結晶回折計向けX線源

低分子および蛋白質X線結晶学においてX線源は非常に重要な要素です。質の高い測定結果を得るにはまず質の高いX線源が必要です。

SC-XRD X線源

METALJET D2 PLUS

METALJET D2 PLUSは実験室系において最も細く輝度の高いX線を提供し、蛋白質X線結晶構造解析および小角X線回折における要求に応えます。

IμS DIAMOND X線源

IμS DIAMONDシリーズは使いやすさと信頼性、安定性、高輝度という特徴を持つ新しいX線源です。Mo線源とCu線源から選択できます。

TURBO X線源

TXS(TURBO X-RAY SOURCE)はダイレクトドライブアノードとターボ分子ポンプによる真空引きによって早い立ち上げが可能になっています。コンパクトな設計であるため、全体をゴニオメーターに直接載せる形になっています。

IμS 3.0

IμS 3.0は最初の設計段階から回折装置向けに開発された、世界初のマイクロフォーカスチューブです。

管球

当社の管球はトップハットの形状のビームプロファイルで、中・大型サイズ(0.3~0.5 mmまたはそれ以上)のサンプルに適した十分な輝度のX線源です。

METALJET D2 PLUS

METALJET D2 PLUS

液体金属をアノードとする、低分子および蛋白質単結晶X線構造解析向けの最も輝度の高いX線源

X線回折用のMETALJET D2 PLUSによって、タンパク質結晶学と小角X線散乱(SAXS)を含む現代の構造生物学において日々増大する要求を満たすために、実験室系X線源の中で最も細く、最も輝度の高いX線ビームが得られます。

その結果、METALJET D2 PLUSにより、よりサイズが小さく、より弱く回折する結晶サンプルからのデータ収集を可能にします。

世界で最も強力な実験室系X線源がさらに強力になりました:ターゲット上での250Wのパワーロード、より長い稼働時間を実現する長寿命のカソード、そしてさらにメンテナンス要件緩和され、これらのことが次世代の新しいMETALJET D2 PLUSを特徴付けています。

METALJET D2 PLUSでは、アノードに液体金属を使用することによって、従来の対陰極回転式X線源(ローテーティングアノード)の固体の金属ターゲットより高いパワーで電子線を印加することが可能になっています。その結果、従来の実験室系X線源よりもはるかに明るいX線ビームが得られます。

METALJET D2 PLUS X-ray Source

METALJET D2 PLUS対応のHELIOS MX光学系

METALJET D2 PLUSによって得られるような細さのX線を得るには多層膜ミラーの面間隔の生成制御における高い精度が必要で、それには技術革新が必要でした。METALJET D2 PLUSに対応したHelios MX光学系の使用により、従来のX線源をはるかに凌ぐ輝度のX線が得られます。

METALJET D2 PLUSはExcillum社との協力により開発され、D8 VENTUREの防X線ケースの中に完全に組み込まれ、接地面積の比較的小さなシステムが完成しました。ゴニオメーターに直接取り付けられ、簡単で安定的で正確なアライメントを実現しています。

D8 VENTUREのMETALJET D2 PLUSは標準でデュアルポート対応となっており、例えば生体向け小角X線散乱などのために2つ目のポートを使用することが可能となっています。

当社装置との統合の完成度の高さは、単品のMETALJETと、弊社装置に統合されたMETALJET D2 PLUSとの違いを生じさせています。

  • 特許取得済みの液体金属ジェット技術による最高輝度のX線源。従来の回転対陰極式X線源に比べて10倍以上の電子線密度を印加することが可能です。
  • 非常に細く高い電子線印加による、かつてない高輝度X線
  • 照射方向および時間経過においても安定なX線生成を実現するための、表面がなめらかで常に新しくなる液体金属ターゲットとLaB6カソードの組み合わせによる極めて質の高いX線
  • Cu線源に比べて短い波長のガリウムKα線におけるバックグラウンド散乱線の減少とディテクターの検出効率の高さの組み合わせによる低ノイズデータ
  • 低電力消費、最低限の低温装置、アノード表面の常時リフレッシュによるランニングコストの低減
  • 新しく導入された"ダイナミックアダプテーテョン技術"による、よりいっそうのX線安定化で稼働時間が長くなり、メンテナンスコストが低減

IμS DIAMOND

IµS DIAMOND

管球の簡便さを持つマイクロフォーカスローテーティングアノード並みのパフォーマンス

IμS DIAMONDの登場により、マイクロフォーカスX線源は、コストやメンテナンスの手間をかけずに、最新の回転陽極に匹敵する性能を持つ、かつてない新時代のX線源となりました。IμS DIAMONDは、Cu線、Mo線、Ag線、つまり単結晶X線回折で一般的に使用されているすべての波長に対応しています。 

特に微小で弱い回折試料には、この新技術の恩恵を受けることができます。

IμS DIAMONDシリーズのすべての製品は、回転陽極発生器に比べて約20%高い平均ピークフラックス密度を実現しています。しかし、回転陽極発生器とは異なり、IμS DIAMONDは完全空冷式であり、アップタイムが非常に長く、定期的なメンテナンスが不要であり、コンパクトであることが特徴です。

IμS DIAMONDはD8 QUEST/VENTUREのX線源1台搭載型でも2波長(2台)搭載型でも両方に対応しています。延長保証を設定すれば、より安心してご使用いただけます。

  • 維持費の低さ
  • ダウンタイムの短さ
  • 高い動作安定性

使いたいときに高輝度X線を - いつでも、毎日。IμS DIAMONDは高輝度。

 

TXS

TXS(TURBO X-RAY SOURCE)

世界最先端ローテーティングアノード

TXS(TURBO X-RAY SOURCE)はダイレクトドライブアノードとターボ分子ポンプによる真空引きによって早い立ち上げが可能になっています。コンパクトな設計であるため、全体をゴニオメーターに直接載せる形になっています。それにより調整が容易になり、装置の機械精度が大きく向上しました。

 

TXS全体はD8 VENTUREの防X線ケースにすっぽりと収まるコンパクトサイズです。

  • CuまたはMo線源から選択可能です
  • アノードとフィラメントが長寿命
  • フィラメントはプレアライメント、プレクリサタライズされていますので、時間をかけずにすぐにご使用になれます
  • 消耗品の交換が容易で、メンテナンスコスト低減が可能です
  • 当社装置のDavinciコンセプトにより、各パーツの有無を自動判別します
  • 十分長い稼働時間
  • デュアルポート化も可能

IμS 3.0

IΜS 3.0 MICROFOCUS SOURCE

設計段階から回折装置向けで開発

IμS 3.0は設計段階から回折装置向けに開発が進んだ世界初のマイクロフォーカスチューブです。IμS 3.0を除く全てのそれ以前のマイクロフォーカスX線チューブは非破壊検査向けのX線チューブを回折計に流用したもので、そのため、回折装置向けに最適化されていません。

IμS 3.0はそのようなことはなく、全ての細部までの設計が回折向けに最適化されています。

その最適化によって、従来のマイクロフォーカスチューブに比べて少なくとも2倍以上X線強度が高くなっています。また、当社D8シリーズへの統合で装置としての安定性が従来のX線源に比べて向上しています。

何よりも、IμS 3.0は安定で、長寿命というIμSファミリーの特徴を持ち、3年の無償保証が最初から付いています。

  • マイクロフォーカスチューブ従来型に比べて最大約2倍のX線強度
  • 完全空冷式
  • 非常に低い電力消費
  • 非常に長寿命
  • 年単位で非常に小さな入射X線強度低下
  • 非常に安定なX線出力
  • ポンプ不要の管球タイプでミラー部分はHeパージ
  • 高い安定性で3年の無償保証期間

D8 QUESTおよびVENTUREに対応し、Cu, Mo, Agの各Kα線から選択可能。

SEALED TUBE X-RAY SOURCE

SEALED TUBE X-RAY SOURCE

太い、トップハット型のビームで、高強度

当社の管球はトップハットの形状のビームプロファイルで、中・大型サイズ(0.3~0.5 mmまたはそれ以上)のサンプルに適した十分な輝度のX線源です。CuまたはMo線源用の平板グラファイトモノクロメーターと組み合わせることが可能で、Mo線源の場合には曲面グラファイトモノクロメーターのTRIUMPHと組み合わせることが可能で、その場合、X線強度がさらに向上します。X線出力は最大3kWまで対応の電気回路を搭載し、DAVINCIコンセプトに対応して重要なパラメーターを自動でモニタリングします。

管球およびX線発生装置回路は両方とも水冷なので、空気中への放熱を最小限に抑えることが可能です。

  • X線出力の自動立ち上げが可能です。
  • 出力上昇または装置不使用時のX線出力降下をソフトウェア経由で自動操作可能です。

微小結晶サンプルでの低分子構造解析にはIμSやTXSなど、他のX線源を選択できます。また、それらは蛋白質単結晶X線構造解析にも有効です。

関連リンク

リソース

サポート

Service & Support

We provide:

  • Help desk support from highly-skilled troubleshooting professionals, to isolate and resolve hard- and software problems
  • Web-based remote instrument service for service diagnosis and applications support
  • Merged reality support – a virtual engineer at your side (video)
  • Planned maintenance, according to your requirement
  • Customer on-site repair and maintenance service
  • Spare parts availability typically over night or within a few working days worldwide
  • Compliance services for installation qualification, operational qualification / performance verification
  • Site planning and relocation

Check out our support website for:

  • Software updates
  • Product manuals & installation guides
  • Training videos

Registration required.