S2 PUMA Series 2

その他のアプリケーション

Academia, R&D and Education, Pharma & Biotech, Safety, Environmental and Governmental, Service & Contract Labs, Automotive, Ceramics, Glass & Industrial Minerals - S2 PUMA Series 2 Applications

学術研究およびR&D、教育機関

農業から地球科学、物質科学から動物考古学まで、基礎的な研究では、元素分析のためのさまざまなサンプル材料が必要となります。

また、多くの職業では、分析技術に関する幅広い知識が必要とされます。元素分析は最も一般的な研究室で必要とされるものの一つであり、そのため学生はXRF技術のノウハウを学ぶ必要があります。

そのため、こうした多様なサンプルに対応でき、最高の分析性能を発揮できるだけの柔軟性とパワーを備えた分析装置が必要とされています。さらに幅広いユーザーが利用する装置であれば、操作のしやすさも不可欠です。

これらの要望に応えるのがS2 PUMA Series 2カルーセルです。11~18ポジションのサンプルトレイにより、あらゆる形態のサンプルを扱うことができ、トレイを取り外せば大型のバルクサンプルもチャンバー(45 x 42 x 10 cm)に収まります。

内蔵のHDカメラと選べるコリメーターマスク(1~28mm)により、バルクサンプル上の小さなスポットの分析が可能です。異なるユーザーレベルにより、メインユーザーがアクセスを制限できるため、データとシステムの整合性が確保されます。スタンダードレスなソリューションであるSMART-QUANT FPにより、未知のサンプルの元素組成を迅速に特定することができます。

50Wの高出力X線管とHighSenseTM検出器の組み合わせにより、軽元素であっても優れた分析性能が確保されています。 

製薬およびバイオテクノロジー

ライフサイエンスや製薬業界では、研究と製品の品質がともに重要な課題となっています。特に、これらの産業分野の製品は、結果として得られる医薬品やその他の製品の品質を保証するために、厳しい規制の下にあります。そのため、信頼性の高い精密な分析が必要となります。

EDXRFは、入荷した原材料の迅速な確認や、重金属不純物の分析や異物の識別などの生産モニタリング(Process Analytical Technology, PAT)に特に適しています。EDXRFは、ICPのような従来の方法と比較して、使いやすさ、サンプルの前処理が不要または最小限で済むこと、結果が出るまでの時間が短いことなど、いくつかの重要な利点があります。

S2 PUMA Series 2の強力な光学部品は、重金属(汚染物質)や白金族元素(プロセス触媒)の分析を可能にし、製品の品質や製造プロセスをモニターします。

XYオートチェンジャーは、ハイスループットなアプリケーションに特化した装置です。この装置は、大型のWDXRF装置と同様のサンプルハンドリング機構を採用していますが、TouchControl™を使って最小限のトレーニングで簡単に操作することができます。直感的なタッチスクリーン・ソフトウェアにより、外部PCなしで装置を日常的に操作することができます。

製薬・バイオテクノロジー業界の多くの分野は、FDAの21 CFR Part 11などで定められた規制に該当します。これらの規制には、データの整合性をどのように達成すべきか、また、汚染として発生する可能性のある多くの要素に対する分析要件が記載されています。21 CFR Part 11に準拠した装置ソフトウェアSPECTRA.ELEMENTSは、安全なデータ処理と追跡可能な装置操作を可能にします。 

安全、環境、政府関連

環境問題への関心の高まりから、信頼性の高い元素データを提供できる分析ソリューションが必要となっています。その用途は多岐に渡り、非常に多様です。より一般的な要求としては、土壌やろ過された粒子の分析があります。

消費者安全のアプリケーションでは、基本的にすべての個人向け商業製品を扱いますが、化粧品、一部の電気製品、玩具など、日常的に使用する製品やユーザーが直接触れる可能性のある製品に焦点を当てています。消費者安全は、通常、当局によって規制されています。RoHSやWEEEなどの規制はその一例であり、あらゆる種類の製品の元素分析は避けて通れないものです。

政府機関が、意思決定者や一般市民が信頼する元素分析結果を提供する場合、エラーは許されません。そのためには、あらゆる種類のサンプルに対応できる、使いやすい装置が必要です。

お客様のご要望に応じて、最適な構成をお選びください。最高のスループットを実現するために、S2 PUMA Series 2 XY Autochanger with 20-position EasyLoad™ trayをお選びください。大規模なバッチを自律的に分析することができ、ユーザーはいつでもサンプルの追加、交換、削除が可能です。変化するサンプルサイズに対応するには、S2 PUMAシリーズ2カルーセルをお選びください。最大のEDXRFサンプルチャンバーには、取り外し可能な12または18ポジションのトレイが付いており、バッチモードから大量のバルクサンプルの測定に素早く切り替えることができます。コリメーターマスクとHDカメラにより、測定対象物のスポットサイズを決定することができます。

人間工学に基づいて設計されたTouchControl™タッチスクリーンにより、簡単に操作することができます。シリコンドリフト検出器HighSense™ LEは、軽元素でも短時間で測定できます。未知のサンプルの概要分析を迅速に行うために、スタンダードレス・ソリューションであるSMART-QUANT FPは、事前のキャリブレーションなしに信頼性の高い結果を提供します。  

サービスおよび契約試験所

約束した結果を、時間通りに、要求された仕様通りに、そして適切な規範を満たして提供すること、それがお客様の要求です。これは難しいことでもあります。

絶えず変化するサンプルタイプ、高いサンプルスループット、信頼性の高い装置などは、コントラクトラボの分析装置に求められる要件のほんの一部です。こうした多様な要求に応えられる装置がS2 PUMA Series 2です。

XYオートチェンジャーは、大きなサンプルバッチの自動分析用として設計されており、これを人間工学に基づく汎用性に優れた装置制御ソフトウェアSPECTRA.ELEMENTSがサポートすることで、装置の校正もきわめて簡単に行えます。

また、即座に使用できる地質材料向けソリューション、GEO-QUANT Basicは、幅広い地質サンプルを網羅し、ハイクオリティな分析結果を提供します。適用できる基準がない試料の場合は、スタンダードレスなファンダメンタルパラメーターソリューションSMART-QUANT FPによって、迅速に信頼性の高い概要分析を実行できます。

自動車

自動車業界では、潤滑剤などの液体からセラミック、各種の金属や合金まで、多種多様なタイプの物質を扱います。優れた製品品質を確保するためだけでなく、物質が使用される工程について価値ある情報を得るためにも、こうした物質のコントロールは必要不可欠です。

これらの材料を分析でき、短時間で測定でき、操作が簡単な装置は非常に有益です。EDXRFはこの利点を提供してくれます。

例えば、潤滑油に含まれる摩耗金属の分析です。これは、開発や製品のライフサイクルのアプリケーションにおいて重要な指標となります。

S2 PUMA Series 2は、50Wの高出力X線管を搭載し、高い強度を実現しています。また、SampleCare™システムは、システムの重要なコンポーネントを汚染から守り、TouchControl™インターフェースは、ごくわずかなトレーニングを受けたユーザーでも、外部PCなしで自信を持って装置を操作することができます。

セラミックス、ガラス、工業鉱物

工業鉱物などの非金属物質は重要な資源として活用されています。陶器やガラス製品においては、こうした非金属物質が現在に至るまで長い間用いられてきました。ところが各種の新技術の発展により現在ではそれ以外の用途も生じており、そうした用途では厳格な品質要件への適合が不可欠となっています。

高純度シリカは、シリコンウェーハの基材であり、高い需要のある資源です。また高品質の炭酸マグネシウムは、耐火材の重要な成分として使用されています。

これらの原料は、不純物が混入すると最終製品の特性が変化してしまうため、化学組成には細心の注意が必要です。

S2 PUMA Series 2は、50Wの高出力X線管と次世代のHighSense™検出器技術を搭載しており、数分で正確な結果を得ることができます。

GEO-QUANT Basicソリューション・パッケージは、これらの技術的な利点を活用するように設計されており、ユーザーは多くの地質材料の検量線をすぐにセットアップすることができます。

Read more on other S2 PUMA Series 2 applications

セメントおよび建築材料

建築業界におけるバインダーとしてのセメントは、何世紀も前から知られていましたが、今日ではこれまで以上に重要な役割を果たしています。セメントは文字通り、現代のインフラの基礎であり、レンガ造りや壁のバインダーとして、ビルの床のスクリードとして、そして橋、トンネル、港、その他の土木プロジェクトのコンクリートとして使用されています。

鉱物および鉱業

鉱物・採鉱産業において、元素組成に関する知識は、操業コストの削減、回収率の向上、最終製品の最適化、環境・安全規制への対応に重要な役割を果たします。蛍光X線(XRF)分析法は、ほぼすべての対象物の元素濃度(ppm~100%)を、最小限のサンプル前処理なし、または前処理後に、迅速かつ信頼性高く測定できるため、鉱物・採鉱分野では確立された技術です。

石油化学

石油化学産業が生産するのは、運輸部門の燃料や油だけではありません。エチレンやプロピレンなどの化学物質は、多くの化学製品やポリマー製品の重要な原料となっています。ポリマーがより多くの従来の材料に取って代わることで、新しい組成の開発やさらなる生産管理により、元素分析のアプリケーションが増えています。これには、新材料に望ましい特性を与えるための改質剤や添加剤のモニタリングが含まれます。その他の典型的なアプリケーションは、(有害)重金属やポリマーコーティングの分析です。