MALDI-TOF/TOF

rapifleX® MALDI Tissuetyper®

rapifleX® MALDI Tissuetyper® は、MALDIイメージングの主要な性能を新しい次元に押し上げます。

スピード - 堅牢性 – 鮮明さ

Designed for MALDI Imaging

rapifleX-MALDI-web_Portrait

ハイライト

rapifleX Tissuetyper

Smartbeam 3Dレーザーは、最速かつ正確なMALDIイメージングを可能にします。

スピード
高速かつ高画質の画像を得るための、最大40ピクセル/秒のデータ取得
鮮明さ
高感度化と高いピクセル間再現性により、真のMALDIイメージングを実現するsmartbeam 3Dレーザー
堅牢性
さらに堅牢性を高め、長時間の稼働を実現する新しいイオンソース設計
簡便性
自動化をサポートするIntelliSlides™とハイスループットのためのfleXmatrixの採用-簡便な新しいワークフローにより、MALDI イメージングは熟練さを必要としないルーチンアプリケーションになります。

特長

rapifleX Tissuetyper

MALDI Tissuetyper®用に設計されたレーザーとイオン源

画像データ取得中、サンプルステージは連続的に移動し、高ピクセルレートを達成します。独自のsmartbeam™3Dレーザーは、最高10 kHzの高レートでの分析が可能です。

smartbeam™3Dレーザーは、5µmのレーザー直径を備えており、20 µm の空間分解能で組織の MALDI イメージングを可能にします。以下のビデオに示すように、各ピクセルの全領域をスキャンするため、レーザーは照射点をサンプルステージから独立して動かすことが可能です。 この機能により真の正方形のピクセルを実現し、利用可能な全てのサンプル領域から最大の感度とピクセル間の高い再現性を得ることができます。

統合ソフトウェアソリューション

  • flexImaging専用の組織解析ソフトウェアは、データ取得、データ視覚化、注釈付加、バーチャルスライドとの統合を制御します。
  • SCiLS™ Lab は、統計解析専用ソフトウェアです。個別のイメージングデータから完全な臨床バイオマーカー研究まで、単変量および多変量解析によりデータを解析し、関連する情報を抽出する機能を備えています。
Smartbeamレーザー運動

利点

rapifleX Tissuetyper

日々の連続稼働を可能にする耐久性の高い新設計イオン源

  • 従来と比較して10倍以上の連続稼働を可能にします。
  • 現実的に洗浄が実際に必要な場合は、自己整合イオンレンズへ容易にアクセスできます。特別なツールは必要とせず、レンズパック全体がエタノールで洗浄可能です。

MALDI組織タイピング用の先進ソフトウェア


flexImaging は、個別のデータセット解析の設定を可能にします

  • 自動化をさらに向上
  • 新たな実験系を簡単にセットできるユーザーフレンドリーなウィザード式のソフトウェア
  • 64bitのソフトウェアによりメガピクセルの大容量データを快適に解析可能
  • 個々のマススペクトルデータにも直接アクセスし閲覧可能
  • バッチ式のデータ測定
  • 高解像度のヴァーチャルスライドスキャナ画像を重ねて表示し、詳細な組織学的評価が可能
MALDI Imaging data overlaid with virtual microscopic slide in flexImaging

SCiLS™ Lab


統計解析用SCiLS™ Lab Proと統合することで、組織クラスを自動的に指定することができます。

rapifleX®の比類なきスピードにより、3次元MALDIイメージングに手が届きます。SCiLS™ Lab Premium 3Dオプションにより、3Dイメージングデータセットの再構成、可視化、統計解析が可能です。

SCiLS™ Lab を使用した非転移性小脳腫瘍を含む 49 の矢状マウス脳切片の 3D 再構成と3 つのイオンの分布。

アプリケーション

rapifleX Tissuetyper

組織タイピング ― 臨床探索ワークフロー

rapifleX® MALDI Tissuetyper® による画像データの高速取得と、SCiLS labによるシームレスなデータセットの分類により、最短での組織タイピングが可能となります。また、組織マイクロアレイを非常に高速に解析することができます。smartbeam 3Dレーザーは、組織を傷つけることなく効率的に分析対象物をイオン化するため、MALDIデータセットの取得後に組織学的染色を行うことが可能です。

質量分析による分子情報と組織学的情報を組み合わせることで、情報量の多いデータセットを生み出し、観察対象に関連する分子の空間分布をより深く理解することが可能となります。右の画像は、組織タイピングの典型的なワークフローと、SCiLS™ Labによる統計的処理の一例を示しています。

 

お客様の声

質量分析イメージングを用いたトランスレーショナルな臨床研究において、スピードと堅牢性は極めて重要ですが、現在の装置はその要求を完全には満たしていません。rapifleX MALDI Tissuetyperは、この制限を克服しハイスループットな臨床研究を可能にしてくれます。rapifleX MALDI Tissuetyperは、質量分析イメージングを個別化医療研究のためのパワフルで信頼性の高い情報源として確立します。

Prof. Dr. Ron M.A. Heeren, Director M4I, Maastricht University, The Netherlands

詳細

For Research Use Only. Not for use in clinical diagnostic procedures.