MSソフトウェア

PolyTools 2.0

Kendrick Mass Defect プロットを含むポリマー質量分析データの業界標準分析ソフトウェア

わかりやすい結果

平均質量と末端基をワンクリックで

polytools

ハイライト

Polytools

ポリマーMSスペクトルの解釈を簡単に

簡便性
データ転送後すぐに、PolyToolsがポリマーの数平均分子量Mnと重量平均分子量Mwを計算し、末端基の組み合わせを提案します。
汎用性
ブルカーのMALDI-TOF処理ソフトウェアflexAnalysisから直接データをインポートします。他の質量分析計からのポリマースペクトルをCSVエクスポートで分析することができます。
可視化
単純なホモポリマーのスペクトルは、スペクトルビューで検出された系列をシミュレーションすることで簡単に解析することができます。複雑なスペクトルについては、Kendrick Mass Defectを用いた可視化オプションにより、スペクトルの解釈をサポートします。
信頼性
完全に適応可能なモノマーおよび末端基リストを使用することで、間違ったスペクトル解釈のリスクを低減することができます。

特長

Polytools

MSポリマーデータ解析用ソフトウェア

PolyTools は、flexAnalysisや他のブルカープログラム、または他のソースから作成されたピークリストを直接使用できます。PolyToolsは、測定された質量スペクトルを生成したモノマー、末端基、およびカチオンを自動的に決定します。ピークリストで同位体が分解されている場合、同位体分布に属する線が特定され、モノアイソトープ系列に還元することができます。すべての系列について、平均分子量MnとMw、分散度ĐMと重合度が決定され、末端基が提案されます。これらすべてのデータから計算された新しいスティックスペクトルは、比較のための実測スペクトルとともに表示されます。

さらに、PolyToolsバージョン2.0では、スペクトル中に観測されたピーク系列を視覚的に表示し、特に複雑な混合試料のスペクトル中のピーク系列を整理して解釈するのに役立つケンドリックプロット機能を新たに実装しました。   

利点

Polytools

シンプルでわかりやすく、具体的

入荷品の品質管理、迅速な合成管理、または高分子化合物の詳細な特性評価において、PolyToolsはポリマー関連の質問に素早く回答するための理想的なソフトウェアであり、ラボの効率を向上させます。

PolyToolsをMALDI-TOF MSとともに使用することで、大きな利点をもたらします。

  • シンプル – すぐに適応できるスキル要らずのテクノロジー
  • スピード – 短時間で結果に至ります
  • 分子量と末端基への直接アクセス
  • 困難な分析物にも柔軟に対応
  • 業界標準のソフトウェアによる完全なソリューション

アプリケーション

PolyTools

入荷商品の品質管理

サンプルの溶解からPolyToolsで分析したポリマーを特徴づける結果が表示されるまでにかかる時間はわずか数分です。そのため、PolyToolsとMALDI飛行時間型質量分析計を使用した質量分析を組み合わせることで、入荷商品に関する迅速で信頼性の高い情報を得ることができます。平均分子量 Mn および Mw、および観察された末端基の組み合わせは、参照化合物と直接比較することができます。  

入荷したPEGサンプルのautoflex maXによるMS分析とPolyToolsでの可視化:期待されたOHとHの末端基の組み合わせが確認されましたが、平均分子量は期待された1.5 kDaをわずかに下回っていました。主な分布の横には、イオン化剤としてカリウムを含む第2の1.7%系列が観察されました。
Polytools

複雑なサンプルの詳細な特性評価

Tween 20のMRMS MALDIスペクトルの高分解能KMDプロット表示:EU規則によると、このサンプルには6つの脂肪酸が10%以上存在することが認められています。これらの脂肪酸は、コア構造に結合している4本までのPEG鎖を終結させます。このスペクトルでは、100以上の異なる系列が検出されています。

非イオン性界面活性剤Tweenのような複雑なポリマーの混合物では、オリゴマーイオンの単純なシミュレーションでは不十分であり、スペクトルの表示方法が異なります。PolyTools では、KMD (Kendrick Mass Defect) プロットや高分解能KMD プロットの形式でスペクトルを表示することができます。分解能の低い装置で得られた質量スペクトル、またはオリゴマーの分解能しか得られない高い質量範囲から得られた質量スペクトルのため、PolyToolsにはRKM (Remainder of Kendrick Mass) プロットが含まれています。これを適用することで、通常のKMDプロットや高分解能KMDプロットと比較して、質量許容度を高めることができます。10 kDa以上の質量範囲やTOF/TOFスペクトルでも、合理的に可視化することができます。

末端基解析のために、PolyTools 2.0では、Remainder of Nominal Kendrick Mass (RNKM) を使用した2つのプロット、KMD - RNKM および RKM - RNKM を提供します。PolyTools 2.0 の一部として、PolymerTable エディタを使用すると、PolyTools 2.0 でスペクトルを解釈するためのデータベースとして機能するテーブルに、モノマー単位、末端基、およびカチオンを便利に設定できます。

PolyTools

合成ポリマーのMS/MS分析

インタクトなMS分析では、オリゴマー種が検出されます。観測された質量は、一定数のモノマー単位、イオン化カチオン、2つの末端基の質量から構成されています。したがって、単一の末端基の分析は、この方法では得ることができません。MS/MS分析では、すべてのフラグメントが1つの末端基しか持たないため、このような情報を得ることができます[1]。

MS/MSでポリマーサンプルの構造をより深く知ることができるもう一つの応用例として、ブロック共重合体のブロック長の測定があります[2]。

[1] Knop et al.; Systematic MALDI‐TOF CID Investigation on Different Substituted mPEG 2000; Macromol. Chem. Phys. 2010, 211, 677–684

[2] Weidner et al.; A novel software tool for copolymer characterization by coupling of liquid chromatography with matrix-assisted laser desorption/ionization time-of-flight mass spectrometry; Rapid Commun. Mass Spectrom. 2007; 21, 2750–2758

ポリエチレングリコールメチルエーテルマレイミドサンプルの1760.98 Daプリカーサーから得られたMS/MSスペクトルの解釈:この場合、質量分解能と精度が比較的低かったとしても、RKM(Remainders of Kendrick Mass)プロットに明確に分離された系列が見られ、提案された末端基を確認することができました。

お客様の声

"インストールした最新版は素晴らしい動作をしています。私はパラフィンオイルとワセリンをマトリックスなしの銀カチオンで測定したMALDIスペクトルを分析しています。PolyToolsを使って質量分布を計算することができるので、異なる原料バッチの品質を瞬時に比較することができます。"

Dr. Julia Pruns, Chromatography, Beiersdorf AG, Hamburg, Germany

"当社では、様々なポリマーが使用された電子部品を製造しています。PolyToolsは、このようなポリマーのマススペクトルにおけるシグナル系列を、モノマー単位や末端基構造の異なる種類で自動分類することで、構造解析を容易にしています。また、新たに導入されたKendrick Mass Defect分析により、より直感的で迅速な分析が可能になりました。"

Kyosuke Kaneda, Materials Analysis, KYOCERA Corp., JAPAN

詳細