timsTOF

トラップド・イオンモビリティー・スペクトロメトリー(TIMS)

超小型デバイスでこれまでにないレベルのイオンモビリティー分解能を実現
timsTOF

トラップド・イオンモビリティー・スペクトロメトリー(TIMS)

イオンモビリティースペクトロメトリー (IMS) は、主に物理化学や分析化学の分野で過去 50 年以上にわたって広く利用されてきた強力な分析技術です。ペプチドやタンパク質の分離、同定、定量のために、IMSとMSの連結(IMS-MS)の可能性が探究されてきたのは、比較的最近のことです。

timsTOF

timsTOF テクノロジー

トラップド・イオンモビリティ・スペクトロメトリー (TIMS) は、イオンがガス流によって TIMS トンネルを通過する IMS 技術です。電場が各イオンを制御し、モビリティに応じてガス流による押し出しと電場の力が一致した場所にイオンをトラップされます。電場をランプダウンさせることで、イオンのモビリティに応じてTIMSトンネルからイオンを選択的に放出することができます。

四重極飛行時間型(Q-TOF)質量分析計の前部にTIMS装置を組み込むことで、イオンを一定時間蓄積してからMS分析のために放出することができます。PASEF®法では、TIMSを用いたペプチドイオンの分離、溶出(~100ms)、QTOFでの検出により、TIMS vs MSのヒートマップを生成します。同じTIMS分離を使用して四重極が溶出した特定のイオン種を分離し、すぐに次の前駆体にシフトします。プリカーサーイオンとフラグメントイオンのスペクトルは、モビリティ値に従って整列されます。

 

TIMS
トラップド・イオンモビリティ・スペクトロメトリー (TIMS) は、気相における IMS 分離技術です。HPLC と質量分析による分離に新たな次元を追加することで、複雑なサンプルを分離し、ピーク キャパシティと化合物の特性評価における信頼性を向上させます。同様に重要なこととして、TIMS装置は、所定の質量とモビリティのイオンを蓄積して濃縮する機能も有しているため、追加した分離次元に沿って感度と速度の向上を可能にしています。

デュアルTIMS技術により、高感度・高速ショットガンプロテオミクスのためにほぼ100%のデューティーサイクルを実現しました。この斬新な設計により、イオンは前部セクションに蓄積され、後部セクションのイオンはそのモビリティに応じて順次放出されます。このプロセスは、Parallel Accumulation Serial Fragmentation(PASEF®)と呼ばれています。

PASEF®
スピードを念頭に置いて、ブルカーの専門家はショットガンプロテオミクスの要求を満たすためにMS/MS技術を再設計しました。PASEF®テクノロジーでは>100Hzのシーケンシングスピードを実現し、存在量の少ないペプチドは複数回選択することでMS/MSスペクトル品質を向上させることができます。

timsTOF

timsTOF - More insights into the technology

timsTOF fleX - MALDI Guided SpatialOMx on the timsTOF fleX
timsTOF Pro - The new standard for shotgun proteomics
Bruker’s timsTOF - Flexibility to empower your ideas
timsTOF

アプリケーション

ブルカーのtimsTOFソリューションは、困難な化合物の同定と定量化に信頼と明白さを提供し、多様な研究アプリケーションを加速させます。

 

For Research Use Only. Not for use in clinical diagnostic procedures.