ハイスループット4D-PROTEOMICS™の可能性を広げる

timsTOF HT

第4世代のTIMS-XRと先進のデジタイザー技術を搭載し、細胞・組織の定量プロテオミクスにおける広いダイナミックレンジと分析深度を実現します。

ハイスループット4D-Proteomics™

広いダイナミックレンジと定量精度

ハイライト

timsTOF HT

ハイスループット4D- Proteomics™の可能性を広げる

スピード
timsTOF HTに搭載されたPASEF® テクノロジーは、分解能や感度に影響を与えることなく150Hzのシーケンシングスピードを実現。
堅牢性
独自の装置設計により、洗浄を必要としない数千サンプルに及ぶ堅牢な性能と日常的な運用が可能。
感度
第4世代TIMS-XRの高チャージ容量により、分析深度を向上。
選択性
先進の四重極飛行時間型質量分析装置にイオンモビリティー分離を追加。

特長

timsTOF HT

TIMSベースのイオンモビリティー分離とCCS対応分析

新型質量分析計timsTOF HTは、第4世代の大容量分析計TIMS-XRと先進のデジタイザー技術(ADT)を搭載しています。ハイスループットプロテオミクス実験において、比類のない分析の深さと定量のための広いダイナミックレンジを提供します。timsTOF HTはCCSに完全対応しており、PASEF®、dia-PASEF®、prm-PASEF®を含むすべてのPASEF®取得モードに対応し、4D-Proteomicsの柔軟性を実現しています。プロテオミクスの深さに妥協することなく、スケールアップを実現します。

利点

PaSER

"Run & Done" database search プラットフォームであるPaSERの新機能により、同定の深さとスループットを最大化します。TIMScoreTIMS DIA-NNは、CCSを最大限に活用し、より正確なタンパク質同定を即座に行うことができます。

アプリケーション

dia-PASEF® で迅速な組織プロテオーム解析を実現

迅速な心臓組織プロテオミクス。 短い液体クロマトグラジエントとdia-PASEF®を用いて、異なる量のマウス心臓プロテオーム消化物を3回に分けて分析しました。最大サンプル量において、5桁以上の相対量にまたがる4700のタンパク質群を同定しました。生データはDIA-NNによりライブラリーフリーモードで処理され、タンパク質のコピー数は「プロテオミックスルーラー」アプローチで推定されました。

「組織解析は臨床プロテオミクスにおいて重要な分野ですが、組織切片や生検は非常に不均一な細胞集団で構成されているため、非常に困難な作業です。timsTOF HTのdia-PASEF®取得モードは、スループットや感度を犠牲にすることなく、心臓組織のような困難なサンプルでも、広いダイナミックレンジでタンパク質を定量化します。」

Prof. Dr. Florian Meier, Independent Research Group Functional Proteomics, Jena University Hospital, Jena, Germany

dia-PASEF®、TIMS DIA-NN、PaSERによる細胞株へのかつてない深さ。

プロテオーム深度をさらに高めるには、タンパク質消化物の量を増やすと同定率が向上します。ヒト細胞株 K562 (Promega) のトリプシン消化物を、nanoElute システムを用いて、Aurora カラム (25cm, 75 μm ID, IonOpticks) で 250 nL/min、60 分の分離時間で分析しました。データはUniProtの予測ライブラリを用いてTIMS DIA-NNで処理しました。

ターゲットプラズマプロテオミクス:30分グラジエントで550以上のタンパク質を定量化

timsTOF HTの30分グラジエントを使用した dia-PASEF®ベースのアプローチとPQ500 (Biognosys) Stable Isotopic Standard (SIS)の使用を組み合わせました。578個のタンパク質(804個のペプチドに対応)を、99%以上のデータ完全性で正確に定量することができました。このアプローチは、従来の SMS/MRM 法の選択性と感度を、使いやすい取得セットアップと組み合わせたもので、事後的に新しいターゲットを定義することも可能です。

ナノLCカラムにより、高濃度のサンプルでも最高の結果を実現

A) TIMS-XRは、200 ngを超えるサンプルロードに対して、イオンキャパシティを増加させることが可能です。6900のタンパク質グループと86000以上のユニークなペプチドを再現性よく同定できます。

B) 1600 ngまでのK562トリプシン消化物のdda-PASEF取得データに対するTIMScore™ 搭載PaSERリアルタイム検索エンジンによる同定数。エラーバーは5反復の標準偏差を示し、ヒストグラムの上に平均値が表示されています。

PepSep Twenty-five シリーズカラム (内径 150 μm、粒子径 1.5 μm) を用いて、K562 トリプシン消化物 (Promega) のサンプルロード 1600 ng まで、平均ピーク幅 5 秒未満を達成しました。グラジエント時間41分は、効率的なペプチド分離に十分であり、高いペプチド負荷量でもグラジエント全体で均一なペプチドの溶出が確認されました。

お客様の声

「DIA-NNをCCSに焦点を当てたdia-PASEF® データ用の合理的な処理ツールに調整するためのブルカーとの継続的なコラボレーションは、実りあるものでした。これは、非常に短いグラジエントで何千ものタンパク質の同定と定量を単純化し、加速するものです。ブルカーとの緊密な協力関係の中で、TIMS DIA-NNというDIA-NNのベンダー統合版がPaSERバイオインフォマティクス・プラットフォームの一部となったことを嬉しく思います。」

Prof. Dr. Markus Ralser, Director of the Institute of Biochemistry, Group Leader Biochemistry and Systembiology of Metabolism, Charité, Berlin

消耗品

Please add a Collection ID

詳細