原子間力顕微鏡

Innova-IRIS

反射型サンプル用TERS対応AFMラマン統合システム  
Innova-IRIS

ハイライト

AFM-Raman


ブルカーのInnova-IRIS(Integrated AFM-Raman Imaging System)は、業界をリードするAFM性能とBruker独自のTERSプローブの組み合わにより、世界で唯一の完全な保証付きチップ増強ラマン分光(TERS)ソリューションを提供します。レニショーのinViaマイクロラマンシステムとシームレスに統合されており、各コンポーネントの機能を完全に維持しています。その結果、相関性のあるマイクロおよびナノスケールの特性マッピングのための生産性の高い完全に統合されたプラットフォームが実現し、AFM アプリケーションの限界をナノスペクトロスコピーとナノ化学分析にまで拡大します。

 

 

 

共ローカライズ
AFMとラマン顕微鏡
完全なSPM機能を備えた高性能TERSを提供します。
独自
テルスプローブ
最高の空間分解能と保証された TERS に対して、スペクトル干渉ゼロを示す。
合理化
ハードウェアおよびソフトウェア
従来の TERS セットアップの複雑さを軽減します。

特長

機能

TERSを可能にする特別設計

この論文では、オフアクシス反射ジオメトリが、チップシャドーイングと偏光効果を十分に考慮しながら、光捕捉を最大化するための最良のソリューションであることが証明されています。Innova-IRISは、プローブの前面からチップとサンプルの接合部にアクセスし、障害物のない理想的な光路を提供する新しい光学アーキテクチャを採用しています。Bruker Innova サンプルスキャンAFM とレニショーの inVia マイクロラマンシステムの共同設計による統合は、スキャン中の光学的な「ホットスポット」アライメントを独自に保持し、統合型 TERS イメージングの厳しい要件を可能にします。このような繊細な研究に必要な長い信号積分時間にもかかわらず、チップの完全性と位置決めが維持されます。

 

 

 

 

相補的データの相関

イノバ-IRISおよびinViaシステムを用いた個々のグラフェンフレークの相関AFMトモグラフィー(左)およびラマン化学地図(右)。

レニショーの inVia と Innova-IRIS を統合することで、AFM およびラマン顕微鏡の性能、パワー、柔軟性を完全に維持しています。それぞれが、独自のフル機能を備えたリアルタイム制御およびデータ解析パッケージを使用しています。その結果、ナノスケールのトポグラフィー、熱、電気、機械的情報の相関関係を補完する単一の統合システムを実現しています。

アプリケーション

詳細

お問合せ

お問合せ

※必須フィールドにご記入ください。

名を入力してください
姓を入力してください
電子メール アドレスを入力してください
会社/教育機関を入力してください
私の現在の状況を最もよく表すもの
私は私の近くのウェビナーの招待状、製品のアナウンスやイベントを受信できるように、あなたの電子メールのサブスクリプションリストに私を追加してください。
利用規約に同意してください

このサイトはreCAPTCHAとGoogleで保護されています。 プライバシーポリシー そして サービス規約が 適用されます。.