ELEXSYS

ELEXSYS-II E600/680

94 GHzの高周波/高磁場ESRとENDOR

ELEXSYSシリーズのESR分光計に、E600とE680の2種類のWバンドのシステムが加わりました。E600は94 GHzでのCW-ESR実験に最適化されており、E680はCWモードとFTモードの両方で動作します。このハイクラスの研究用システムは、操作が容易でありながら、最大限の性能と柔軟性を備えています。このように、高周波ESRの全ての利点を容易に利用できるようになりました。

このセットアップにより、全ての g 因子の測定に必要な、最終的に高精度の動作周波数が得られます。システムの柔軟性はモジュール型のアーキテクチャによって保証されており、システムをCWまたはFT/CWの組み合わせで設定することができます。システムの動作は、ボタンを押すだけで、CWからFTへ、あるいはWバンドからXバンドへと切り替えることができます。温度可変のWバンドTeraFlexプローブヘッドは、4 Kから300 Kで動作します。

サンプルは任意の温度で交換することができます。正確なキャビティマッチング、チューニング、サンプル位置決め機構により、容易な操作でハイスループットのサンプル分析を実現します。ブリッジと共振器のチューニングでは、400 MHz幅のチューニングディスプレイがIF上で生成され、検出されます。これらのハードウェア機能は全て、わかりやすいグラフィカルユーザーインターフェースを備えたXeprソフトウェアによって補完されています。

主な特長

Wバンドブリッジ
  • Wバンドで60dB以上の正確なマイクロ波出力設定
  • パルス出力、幅、位相などの全てのFT-ESR関連パラメーターを、Xバンドの中間周波数(IF)で設定および監視
  • 固定周波数発振器とPLL回路の組み合わせにより、高いスペクトル純度と感度を実現

追加の機能

  • Wバンドに必要な高磁場には超電導磁石が必要ですが、全ての超電導磁石がESRに対応できる訳ではありません。EPR 6T SCは、ESR分光を目的に開発されました。
  • 高周波 ESR、特にパルス ESR の進化に伴い、ESR の科学者からの要望も高まっています。パルス ESR の実験によっては、より高出力のマイクロ波が求められる場合があります。このような状況に対応するために、ブルカーは2種類のWバンドブリッジアップグレードを提供しています。

技術詳細

  • 動作周波数94 GHz
  • CWおよびFT
  • ELDOR および ENDOR
  • 100 mW、400 mWおよび2 Wのアンプオプション
  • シングルモード共振器
  • サンプル温度:4-300 K
  • 超電導磁石
    - 6 Tのメインコイル
    - 0.2T の掃引コイル

お客様の声

高周波ESRの利点

94GHzでの石炭サンプルのMW-Nutation。400mWのハイパワーアップグレードユニットを使用し、nutation時間は62ナノ秒
  • 高磁場によるスペクトル分解能の向上
  • 共振器の充填率の向上により、量が限られたサンプルの検出感度が向上
  • 無秩序系の研究における配向選択性の向上
  • マイクロ波量子エネルギーが大きいため、より大きなゼロ磁場分裂を持つスピンシステムへのアクセスが向上
  • 異なる原子核のENDORスペクトル分離が向上
  • 低周波核スピンのENDOR検出が向上
  • 高磁場での二次効果の低減によるシンプルなスペクトル

EPR 6T SC: Wバンド超電導磁石

EPR 6T SC: Wバンド超電導磁石

第2世代のWバンド超電導磁石は、水平磁場、6 Tの掃引範囲を持つメインコイル、永久リード線、2 kGの高分解能掃引コイルを特長としています。最新の磁石設計では、メインコイルとスイープコイルに永久リード線を採用することで、同種の磁石と比較してヘリウムの保持時間を長くしています。メインコイル、スイープコイルともに新開発の電源に接続されています。新しいソフトウェアインターフェースにより、2つの動作モードはクリックするだけで切り替えることが可能で、容易で安全な操作を実現しました。

Wバンドブリッジの高出力アップグレード

4パルスDEERのタイムトレース。400 mWハイパワーアップグレード(赤、上)と100 mWハイパワーアップグレード(緑、下)

短いパルスと大きな励起バンド幅が必要なパルスESR測定(ESEEM、DEER、FT)では、3種類のWバンドブリッジ・アップグレード、即ち2W、400mW、100mWの高出力アップグレードが可能です。標準のWバンド共振器を搭載した400 mW高出力アップグレードは、16ナノ秒のパルス時間(90°)を達成します。 一方、100mW高出力アップグレードは、ルーチンで40ナノ秒のパルス時間(90°)を達成します。

400mW高出力アップグレードの利点は、4パルスDEER実験で、容易に観測できます。 短いパルス時間は、100mWのハイパワーアップグレードで必要とされる長いパルスと比較して、DEERスペクトルのS/N比が高くなり、測定時間の短縮につながります。

LabScape

磁気共鳴および前臨床イメージング向けのサービスとライフサイクルサポート

ブルカーは、最初のお問い合わせから評価、据え付け、その後装置が寿命を迎えるまでの購入サイクル全体を通して、お客様に比類のないサポートを提供することをお約束します。

LabScapeの保守プラン、On-Site, On-Demand, Enhance Your Lab は、最新の実験室に適した保守とサービスを行うために、新しいアプローチを提供するよう設計されています。

その他情報