ESRソフトウェア

Xenonソフトウェア

Xenonは次世代のESRソフトウェアソリューションであり、専門家でなくても、ESRデータを確実かつ再現性よく取得できます。

ハイライト

Xenonは次世代のESRソフトウェアソリューションであり、専門家でなくても、ESRデータを確実かつ再現性よく取得できます。

Xenonは、EMXシリーズ分光計のデータ測定と解析用の代替ソフトウェアソリューションです。Xenonは、WinAcquisitおよびWinEPRの代わりに使用できる、オプションのソフトウェアパッケージです。

Xenon は、ELEXSYS 研究用プラットフォームの仲間である Xeprソフトウェア と同様、LINUX® ワークステーションで動作します。ルーチン研究用のEMXnanoシステムから世界最高水準のELEXSYS E500まで、初めて1つのESRソフトウェアプラットフォームで使用できるようになりました。これにより、ブルカーのオープンプラットフォームのESRスペクトルデータ保存フォーマットBES3Tが提供する、プラットフォームを跨いだデータ測定および測定後の解析が可能になりました。

特長

特長

  • スペクトルシミュレーションとフィッティングのためのSpinFit
  • 定量のためのスピンカウント
  • 統合されたデータ測定と処理
  • データ解析のためのガイド付きワークフロー
  • フリーラジカルと遷移金属測定用のデフォルトパラメーター
  • 失敗のない分解能設定

アプリケーション

アプリケーション

Xenon: SpinFit

SpinFitは、様々なスピンアダクトを分離し、各成分の二重積分を計算する、新しいルーチンのスピントラップフィッティング法です。スピンカウントモジュールと組み合わせることで、二重積分はそれぞれの種のスピン数に変換されます。

Xenon MW飽和曲線

サンプルの飽和特性を知ることは、最適なESR測定のための鍵となるだけでなく、異なる種の重なったスペクトルを分離する手段にもなります。

Xenonソフトウェアは、分子量パワーに対して二次元のESRスペクトルを自動測定し、フィッティングとP1/2計算を行うために必要な処理ツールを提供します。

Xenon: スピンカウント

Xenonのスピンカウントモジュールを使用することで、真の定量ESRが可能です。この独自のソリューションでは、リファレンスサンプルを必要とせずに、スピン数やスピン定量が可能です。

Xenon:総合的なピークピッキング

ESRで最も一般的な処理モードの一つにピークピッキングがあります。Xenonは、簡便かつ丁寧にピークピッキングを実行するためのガイドモードを提供します。

Xenonは、Xeprの最先端のピークピッキングアルゴリズムを使用することで、確実なピーク認識が可能となっています。

Xenon: クリックするだけでEPR/ENDORを実行

デフォルトで、最も一般的なESR実験はマウスをクリックするだけで実行できます。Xenonソフトウェアは、単結晶や温度依存実験など、オプションのデバイスでサポートされている実験にも対応します。

一回選択すると、デフォルトの測定パラメーターを使用して、目的の実験をすぐに実行することができます。

Xenon:総合的なデータ表示

特に2Dデータの場合には、適切なデータ表示が必要不可欠です。次のステージのスタックプロットでは、データセットが膨大でも、可視化するための適切なツールをXenonが提供します。

Xenon: CW-ESR

事前にロードされたパラメーターを用いて、容易にESRスペクトルを取得できます。チューニング/マッチングや測定パラメーターの最適化など、これまで困難で時間のかかっていた作業は昔の話となっています。

サポート

LabScape

磁気共鳴および前臨床イメージング向けのサービスとライフサイクルサポート

ブルカーは、最初のお問い合わせから評価、据え付け、その後装置が寿命を迎えるまでの購入サイクル全体を通して、お客様に比類のないサポートを提供することをお約束します。

LabScapeの保守契約、On-Site、On-DemandおよびEnhance Your Labは、現在の実験室に適した保守とサービスを行うために、新しいアプローチを提供するよう設計されています。