酸化モニタリングと鮮度分析

ビールの鮮度

風味安定性向上のためのESR分析

ビールの鮮度向上のための電子スピン共鳴による評価

Beer Freshness パッケージは、ブルカーとFlavorActiv社との共同研究によるもので、原料、プロセス設計、オペレーションがどのようにビールの鮮度にダメージを与え、どのようにして最適化できるかを、ビールの製造サイクル全体を通して測定する唯一の方法です。

卓上型電子スピン共鳴装置の利点

ビールの酸化劣化は、フリーラジカルの反応プロセスで起こります。貯蔵する間に、微量であっても鉄や銅などの遷移金属が触媒となり、酸素分子が「活性酸素種」(ROS)として知られる物質に変化します。この活性酸素の一つがヒドロキシルラジカルで、ビールの成分を急速に酸化してフリーラジカルにします。ビール由来のフリーラジカルはさらに反応して、アルデヒドやケトンなどのカルボニルの最終産物が生じる連鎖反応を起こし、ビールに「段ボールのような」臭気がついてしまいます。

ビールに含まれる抗酸化物質は、フリーラジカルの酸化に抵抗するのに役立ちます。時間の経過と共に起こる酸化は避けられませんが、醸造作業と貯蔵条件を最適化することで、容器に詰められたビールの抗酸化物質量を最大にし、酸化を最小限に抑えることができます。

ESRの酸化プロファイルは、ビールの全体的な抗酸化状態を醸造プロセスの各段階で評価するための分析指標を提供し、コストのかかる包装や流通段階の前に、完成したビールの賞味期限を予測するのに役立ちます。

この重要な情報により、メーカーは生産プロセスを最適化し、プロセスの早い段階で是正措置を取ることができ、最終製品の鮮度と製品の安定性を確保することができます。Beer Freshness パッケージは、ブルカーの卓上型 microESR 装置に、アプリケーショントレーニング、カスタマイズされた試薬、GMPフレーバースタンダードおよび技術サポートが含まれた、完全な形に更新されました。

新しいSampleBenchオートメーション

  • microESR専用に設計
  • 自動化することで無人運転が可能
  • 完全に再現性のある結果

詳細は、Improving Flavour Stabilityのリーフレットでさいご覧いただけます。

Bruker microESRの自動化

お客様の声

LabScape

磁気共鳴および前臨床イメージング向けのサービスとライフサイクルサポート

ブルカーは、最初のお問い合わせから評価、据え付け、その後装置が寿命を迎えるまでの購入サイクル全体を通して、お客様に比類のないサポートを提供することをお約束します。

LabScapeの保守プラン、On-Site, On-Demand, Enhance Your Lab は、最新の実験室に適した保守とサービスを行うために、新しいアプローチを提供するよう設計されています。