前臨床マイクロCT

SKYSCAN 1272 CMOS EDITION

高分解能3D X線顕微鏡

ハイライト

ハイライト

0.6 m²
コンパクトサイズ
どのようなラボにでも設置可能な卓上型システム
16ポジション
外付けのサンプルチェンジャー
無人運転でハイスループットを実現
16 Mp
CMOS カメラ
高分解能イメージングが可能に
SKYSCAN 1272 CMOS life science brochure
Download

SKYSCAN 1272 CMOS EDITION – 高分解能マイクロCT

卓上型のSKYSCAN 1272 CMOSは、マイクロCT(Micro Computed Tomography)技術を用いた革新的な高分解能3D X線顕微鏡で、信頼性の高いSKYSCAN 1272プラットフォームに最新のX線技術を統合しています。

最新の16メガピクセル CMOS X線検出器では、優れた分解能で高いコントラストの画像が得られます。検出器の視野を広げ、X線に対する感度を向上させることで、スキャン時間を最大で1/2に短縮できます。また、1スライスあたり最大11,200×11,200ピクセルという驚異的なネイティブ分解能により、サンプルを再度スキャンすることなく3D空間の任意の部分を拡大して見ることができます。新しいClean ImageTMスキャンモードでは、開始からCTの典型的なアーティファクトを大幅に削減し、面倒な事後補正をすることなく高品質の画像を提供します。

この最高のパフォーマンスの装置が、低コストで所有できます。SKYSCAN 1272 CMOS Editionは、どのような研究室の実験台にも置くことができる卓上型で、広いスペースを占有することがありません。水冷式の冷却装置や追加のコンプレッサーを必要とせず、標準的な家庭用電源プラグだけで動作させることができます。また、業界標準の密閉式X線源はメンテナンスフリーですので、隠れたコストの発生もありません。SKYSCAN 1272には、3D.SUITEソフトウェアが付属しています。この包括的なソフトウェアによって、GPUによる再構成、2D/3D解析、サーフェスおよびボリュームレンダリングによる視覚化がカバーされています。

特長

主な特長

SKYSCAN 1272 CMOS の特長

Genius モード

SKYSCAN 1272は、Genius モードによるパラメータの自動選択が可能です。倍率、エネルギー、フィルター、露光時間、バックグラウンド補正をワンクリックで自動最適化することができます。


さらに、サンプルと大型CMOSカメラの両方を光源にできるだけ近づけることで、シグナル強度を大幅に向上させることができます。SKYSCAN 1272は、カメラ位置が固定されている従来のシステムと比較して、最大5倍の速度でスキャンを行うことができます。
 

SKYSCAN 1272 CMOS の特長

サンプルチェンジャー

SKYSCAN 1272は、QCやルーチン分析のスループットを向上させるために、オプションで16ポジションの外部サンプルチェンジャーを設置することができます。

サンプルチェンジャーは、直径25 mmまでの様々なサンプルサイズに対応しています。

サンプルは、進行中のスキャンプロセスを中断することなく、いつでも容易に交換することができます。新しいサンプルは自動的に検出され、スキャンごとにLEDが 準備完了、スキャン中、完了のステータスを表示します。

 

SKYSCAN 1272 CMOS の特長

In-situ ステージ

ブルカーのIn-situステージは全て、システムの回転ステージ経由で自動的に通信ができるよう設計されており、ケーブル接続の必要がありません。付属のソフトウェアを用いて、スケジュールされたスキャン実験を設定することができます。

ブルカーの加熱・冷却ステージは、室温より80℃高く、または30℃低く温調することができます。他のステージと同様に、余分な接続は必要なく、ステージを自動認識します。加熱・冷却ステージを使用して、サンプルを室温以外の条件で検査し、温度がサンプルの微細構造に与える影響を評価することができます。  

アプリケーション

主要なアプリケーション

骨のアプリケーション

SKYSCAN 1272は、SKYSCAN 1072とSKYSCAN 1172の後継機で、マイクロCT骨形態測定の文献の少なくとも半分に関係しています。SKYSCAN 1272は、高分解能、ハイスループット、使いやすさの代表となっています。そのため、骨粗鬆症や関節炎から骨腫瘍や骨髄腫までの骨疾患モデル、大規模な遺伝子表現型解析にも理想的なソリューションです。

  • 卓上型での究極のパフォーマンス、ボクセルサイズは0.45 um、X線電圧は40-100 kV、高い分解能とコントラストを提供し、骨細胞の裂孔や血管の測定が可能です。
  • オプションの16個のプリロードサンプル用のサンプルチェンジャーを含む、ハイスループットで自動化されたバッチスキャン、またマウスやゼブラフィッシュの何千もの表現型を遺伝的にスクリーニングするための強力な校正により、海綿骨や皮質骨のパラメーターを調査できます。
  • 先進の3D画像解析機能は、位相コントラスト/位相回復(Paganin、スモールアングル)、3Dレジストレーションを含み、あらゆる疾患モデルや解析要件に柔軟に対応します。
  • 総合的な3Dおよび2Dパラメーターによる骨形態測定(ASBMR 命名法に準拠)、前臨床サイズのBMDファントムを含み、骨密度測定が可能です。

 

軟組織

生体組織のEx vivoスキャンは、非破壊的に内部構造を可視化することのできる、非常に優れた方法です。造影剤や乾燥剤により、密度をさらに高めたり違いを出すことで、画質を向上させることができます。SKYSCAN 1272は、分解能が高く、サンプルの取り扱いが容易で、スループットが高いため、このようなイメージングに理想的なプラットフォームです。これこそが、このスキャナーを使用した多くの文献がある理由です。

  • このシステムの代表的な用途としては、マウスの肺における腫瘍の増殖や血管新生の可視化が挙げられます。肺気腫や線維化も明確に可視化されます。
  • 卓上型での究極の性能、0.45umのボクセルサイズ、X線電圧40-100kV、肺胞レベルまでの分解能とコントラストを提供します。
  • 壊れやすいあるいはウェットの状態の組織を安定した状態でスキャンすることは容易ではありませんが、ブルカーが開発した特別な試料チャンバーを使用することで、この問題に対処することができます。
  • 自社開発のCT-Analyzerソフトウェアによる肺腫瘍の形態解析では、肺は他の組織から自動抽出されます。

植物および動物の生体学

マイクロCTは、植物や動物の組織の細部の内部構造の可視化に非常に優れています。スキャンする対象を傷つけたり破壊したりすることなく、密度の違いを識別することができます。そのため、動物学や植物学の分野では、SKYSCAN 1272のユーザーによる最先端を行くマイクロCTの応用が急速に増加しています。最小限のサンプル処理または無処理で、多種多様な生物を可視化し、分析することができます。

  • 0.45 umまでの物体検出が可能な高分解能スキャンと16メガピクセルのCMOSカメラの組み合わせにより、有用な大きさで高分解能を実現します。
  • 線源の連続的な電圧範囲と6つの内部エネルギーフィルターにより、異なるサンプルごとに完璧なスキャンセットアップが保証されています。
  • 形態測定、密度測定、位相コントラスト/位相回復(Paganin、スモールアングル)、3Dレジストレーション、セグメンテーション、高度な画像処理方法を含む総合的な3D画像解析機能が含まれています。

仕様

SKYSCAN 1272 CMOS 仕様

項目

仕様

利点

X線源

40 – 100 kV

10 W

< 5 µm スポットサイズ(4 Wの時)

メンテナンスフリーのシールド X線源

QC向けの高速スキャンまたは 4D XRM

X線検出器

16 MP sCMOS 検出器 (4096 x 4096 ピクセル)

最高の分解能を実現するファインピッチ検出器

試料サイズ

直径 75 mm

高さ 80 mm

小型から中型のサンプルサイズまでスキャン可能

サンプルチェンジャー

(オプション)

16 サンプル(25 mm 径)

外部アクセス

無人のハイスループット分析

自由な大小サンプルの組み合わせ

測定を中断することなく、いつでもサンプルの追加/削除が可能

寸法

W 1160 mm x D 520 mm x H 330 mm

重量 150 kg

どこにでも設置できる省スペースの卓上型システム

電源

100-240V AC, 50-60Hz, 3A max.

標準的な電源で十分な最低限の設置要件

ソフトウェア

セット、スキャン、再構成と解析

Bruker XRMソリューションには、データの収集と分析に必要な全てのソフトウェアが含まれています。直感的なグラフィカル・ユーザー・インターフェースとユーザーガイド付きのパラメーターの最適化により、専門家および初心者を問わずサポートしています。最新のGPUを搭載したアルゴリズムを使用することで、データ再構築の時間を大幅に短縮しています。CTVOX, CTAN および CTVOLを組み合わせることで、モデルの定性・定量分析のための強力なソフトウェアとなります。

測定用ソフトウェア:
SKYSCAN 1272 – 装置制御、測定計画、測定

再構成ソフトウェア:
NRECON – 2D投影画像を3Dに変換

解析用ソフトウェア:
DATAVIEWER – 3Dのスライス検査および2D/3D画像登録

CTVOX – ボリュームレンダリングによるリアルな可視化

CTAN – 2D/3D 画像解析と処理

CTVOL – CADや3Dプリント用にエクスポートするためのサーフェスモデル(surface model)の可視化

サポート

SKYSCAN 1272 - Service & Support

Available services include

  • Help desk support from highly-skilled troubleshooting professionals, to isolate and resolve hard- and software problems
  • Web-based remote instrument service for service diagnosis and applications support
  • Merged reality support with Help Lightning – a virtual engineer at your side (video)
  • Planned maintenance, according to your requirement
  • Customer on-site repair and maintenance service
  • Spare parts availability typically over night or within a few working days worldwide
  • Compliance services for installation qualification, operational qualification / performance verification
  • Site planning and relocation

Bruker Support

On our support website you will find:

Software Updates 

  • System software updates are available online to registered users.

Documentation

  • Product manuals and installation guides are available online to registered users.

LabScape

磁気共鳴および前臨床イメージング向けのサービスとライフサイクルサポート

ブルカーは、最初のお問い合わせから評価、据え付け、その後装置が寿命を迎えるまでの購入サイクル全体を通して、お客様に比類のないサポートを提供することをお約束します。

LabScapeの保守契約、On-Site、On-DemandおよびEnhance Your Labは、現在の実験室に適した保守とサービスを行うために、新しいアプローチを提供するよう設計されています。