shutterstock_107859320.jpg

金属および自動車

金属や被加工物の開発、製造、および精錬中に、さまざまな分析法が使用されます。製造プロセスが最終製品に近付けば近付くほど、サンプルの確認のために非破壊法がより重要になります。

D8 製品群に基づいた Bruker AXS は、ほぼすべての分析要件を満足するようにカスタマイズされた一連のさまざまな回折ソリューションを提供します。日常的な定性または定量分析の懸案事項、あるいは質感または残留応力に関する限りは、シンチレーション カウンター、エネルギー分散型 SOL-XE、または超高速測定用 VÅNTEC-1 と組み合わせて、一次側に Goebel ミラーまたは PolyCap 光学系を装備した D8 ADVANCE によって、奇妙な形をしたサンプルの研究さえも可能になります。

防食仕上げまたは表面硬化された物などの被加工物のより複雑な性質の場合、D8 DISCOVER は、サンプルの特性を取得するために求められるすべての柔軟性を提供します。μm の範囲の側方および横位の分解能で、望ましい方向性と残留応力を調査できます。言い換えれば、サンプル特性を表面または深さ方向に沿ってマッピングできます。ワークに対してもこの機能を可能にするため、D8 DISCOVER は HI-STAR として Goebel ミラーまたは PolyCaps などのハイテク光学系を超高感度な高速検出器に組み合わせます。

回折ソリューションは、広範囲のナノテクノロジーの分野のための分析機能も提供します。その内容において、小角 X 線散乱 (SAXS) は興味深い技術です。NANOSTAR の助けによって、特性を向上させるために金属合金に溶かされたナノ粒子沈殿物の大きさ、形状、および形状分布を研究できます。ナノ粒子による精錬プロセスを最適化できる場合に、その分析結果は競争力のある利点になります。

元素分析 - プロセス管理と品質管理に不可欠

BRUKER 元素発光分光計は、金属製造や金属処理業界のすべての分野の元素分析に幅広く使用されています。

鋳物工場や製鉄所のほか、ローラー ミル、自動車供給業者、ならびに金属業者も弊社の顧客になります。これらの元素分析はプロセス管理や品質管理にとって不可欠です。発光分光計を用いると、すべての関連元素を、サブ ppm ~パーセントの範囲で直接、同時に分析できます。

Q4 TASMAN、または Q8 MAGELLAN のすべての分光計は、再現性、長期安定性、ならびに検出限界に関する分析要件を満足するように最適化されたコンポーネントを使用します。これらの機器は製品やプロセスの品質を向上する可能性を提供し、最低限の所有費用で使い易いものです。


自動金属分析のために、BRUKER ELEMENTAL は、鋳物工場や製鉄所向けの全自動分析システム、Q8 CORONADO を開発しました。

Q8 CORONADO BRUKER ELEMENTAL を提供することで、次のようなユーザーの要求事項を 100% 満足させます:継続的に高く、ユーザー独自の分析品質、サンプル納期の短縮、そして最高品質システムの入手可能性!

他のコンポーネントの複雑な設置と組み合わせられた Q8 MAGELLAN 分光計を備えた Q8 CORONADO は、3 x 1 m という最低限の床面積しか必要としない省スペースの機器です。