Drug Discovery

迅速な創薬のための革新的技術

最初の研究から製品の完成まで、新しい医薬品の発見および開発には長い時間と複雑で高額なプロセスを経る必要があります。新しい治療薬を市場に送り出すには、12~15年の月日と 10億ドルを超える経費がかかります。

このプロセスはまず、標的を同定することから始まります。この段階では、どの生物学的標的に絞って新薬を開発するかを定めます。次のリード創薬の段階では、小分子や治療効果が期待できる生物製剤などの薬剤候補が特定され、多数の薬剤候補が開発されます。これらのリード分子は、薬剤標的を満たし、望ましい作用を示す必要があります。ここでは通常、ハイスループットスクリーニング(HTS)を使用し、リード化合物となる可能性の高い薬剤候補を特定します(hit-to-lead)。このhit-to-leadプロセスの目的は、より効能が高く、選択的な化合物を生成することです。その後、安全で有効な薬剤を生成する上でリード化合物内の好ましい特性を維持できるようリード化合物の最適化が行われます。

ブルカーの高度な核磁気共鳴  (NMR)と質量分析技術により、創薬研究者はスクリーニングされる何千もの薬剤候補の中から適したものを迅速に特定することができ、開発の検証および最適化プロセスに進む標的を決定します。創薬プロセスには時間的制約があるため、薬剤の製造にハイスループットの迅速な計測機器は不可欠です。