banner_pulp-paper_vs1.jpg

紙用途

紙および紙処理業界での大量の異なる極めて特殊な製品は、一定した製品品質を確保するツールを必要とします。

ティーバッグやティッシュ ペーパーから、コピー用紙や、厚い段ボール紙まで、さまざまな種類があります。1 つの共通点は、厚み、秤量、濡れ広がり性、そして水分含量を測定する迅速な分析技術の必要性です。

紙の絶対水分量の測定

各多孔質材は大きな孔には水蒸気の形態で、構造の狭い毛細管には液体の形態で水を含みます。水分含有量に関する代表的な参照分析はカール フィッシャー滴定であり、この滴定ではサンプルを加熱し、特殊試薬の使用が必要です。この滴定の準備に加えて、測定時間は約 30 分を要し、FT-NIR 分光法による約 20 ~ 30 秒の測定時間をはるかに上回ります。 

紙の秤量と厚みの測定

紙または段ボール紙の厚みは、今後のコンディショニング、特にコーティングの選択、さらに印刷方法にとって決定的なものです。そして、紙の種類を指定する特有の数値です。従来、精密なマイクロメーターによる特殊試験手順によって厚みを測定します。代わりの方法としては、積分球を用いた MPA FT-NIR 分光計によって、秤量と厚みの値を分析できます。

紙の灰分の測定

灰分含有量は、特定の試験手順に従った固体サンプルからの強熱残分の従来的な表現です。結果として、実験に基づいた数値は、サンプル中の無機塩と他の無機物質の量の指標を与えます。FT-NIR 分光計は、さまざまな種類の紙の灰分含有量を分析する優れた方法であることが証明されています。

シリコン コーティング処理のオンライン モニタリング

非接触測定のために開発された FT-NIR 分光計 MATRIX-F デュプレックスを、高速コーティング機でシリコン コーティングの秤量を直接モニタリングするのに使用できます。例えばシリコン添加を調節するために、結果は制御システムに転送されます。