Gas Analysis

ガスの定性および定量を高速・連続・自動で実現する、MATRIX-MG

  • ガスの定性および定量を高速・連続・自動で実現
  • 定量分析に際して校正作業が不要
  • 大気中のガスや干渉成分の影響を自動補正
  • 光路長は10 cm (MATRIX-MG01)、2 m (MATRIX-MG2) 、5 m (MATRIX-MG5) の3種をご用意
  • 抜群の感度で、数ppb から100% まで対応
  • 191°C まで加熱可能な温調機能付ガスセル
  • 簡単操作、イージーメンテナンス
  • アライメントフリー・耐震設計RockSolid™ 干渉計
  • 測定結果を産業用通信インターフェースに出力可

MATRIX-MG シリーズは、堅牢性とコンパクトデザインを特長とする高性能自動ガス分析FT-IR です。様々な分野のガス分析においてその成分と濃度を高精度かつリアルタイムで測定できるよう、10 cm (MATRIX-MG01) 、2 m (MATRIX-MG2) 、5 m (MATRIX-MG5) の3種の光路長が用意されています。

400 種類以上のガスを校正なしで分析するMATRIX-MG シリーズは、生産ラインにおけるプロセスガスの監視等産業用途から、工場の排煙モニタリング、バイオガスの成分分析、ガスの不純物測定、そして基礎科学研究まで、幅広い用途で使われています。