ガス分析ソフトウェア OPUS GA

OPUS GA

ガス分析ソフトウェア OPUS GA
OPUS GA Banner

ハイライト

柔軟性

OPUS GAでは、利用可能な定量ガスライブラリの併用により、校正作業なしで300種以上のガス化合物の同定および定量が可能です。さらにOPUS GAでは、ユーザーが標準ガスを独自に測定し、リファレンススペクトルとして既存のライブラリに追加するインターフェースも提供します。既存の測定データはいつでも、再測定することなく、更新されたリファレンススペクトルのライブラリを用いて分析することができます。エキスパート・ユーザーは、測定されたガスのスペクトルについてOPUS GAを用いて詳細に解析することができます。

正確性

ガス化合物の定量化は、独自の非線形フィッティングアルゴリズムを用いた、実測データとリファレンススペクトルの照合解析に基づきます。このアルゴリズムにより、干渉ガスが存在する場合でも化合物を的確に捉えて定量することを可能にしています。また、この分析ルーチンでは、測定中に変化するガスの温度と圧力の影響も考慮されます。

 

予測解析

OPUS GAでは、スペクトルライブラリに登録されている任意のガス化合物の高分解能リファレンススペクトルを基に、スペクトルのシミュレーションが可能です。スペクトルは、温度、圧力、分光計のスペクトル分解能などの実際の環境の条件下でシミュレートされます。このシミュレーション機能は、混合ガス中の未知の化合物の同定を容易にします。

操作性

OPUS GAは、MATRIX-MGおよびOMEGA 5 ガス分析用FT-IRの制御を容易にするグラフィカル・ユーザー・インターフェースを備えています。ユーザーは、最小限のトレーニングで、ガス化合物の迅速かつ連続的な同定と定量分析を全自動で行うことができます。分光分析に関する専門知識も必要ありません。
ガス組成物の自動同定と定量を可能にするOPUS GAソフトウェアパッケージ。時系列ウィンドウには、ガス混合物中の選択されたガス化合物の濃度が時間の関数として表示されます。
一酸化炭素の定量分析における実測データ(青)とフィッティング結果(オレンジ)。測定データとフィッティング結果の優れた一致が示すように、分光干渉する二酸化炭素と亜酸化窒素の影響を考慮して、フィッティングルーチンが実行されています。