OPUS BasePackage Features

OPUSベースパッケージ

OPUSベースパッケージは、分析と研究に対応する幅広い機能、シンプルなデザイン、高い生産性を兼ね備えています。

OPUSベースパッケージの幅広い機能を支えているのは、強力な解析機能、データ処理、レポート生成機能、そして汎用性の高いプログラミングインターフェースです。さらに他の多くの機能が、OPUSは際立った明確性、利便性、汎用性を実現しています。

オールインワンのOPUSファイル形式:すべてのデータは加工/解析結果と履歴を含む同一かつ唯一のファイルに保存されているため、特定の情報を数秒以内のうちに見つけ出すことができます。

バリデーション:OPUSはバリデートされたソフトウェアで、cGMP/GLPに準拠し、マルチレベルのユーザー管理、監査証跡(履歴ログ)、および電子署名を含んでいます。そのデータインテグリティモード(動画を参照)では、収集されたデータが常に安全に保存され、過失または故意による改ざんから保護されています。自動化されたOQおよびPQテスト、ならびに装置ステータスインジケータおよびシステムコンポーネントのオンラインモニタリングが含まれており、バリデーションマニュアルとサービスが利用可能となっています。

透明性のあるマルチタスキング:アクティブなすべてのタスクが対応するタブなどによって明確に配置され、アクセスすることが可能で、測定とデータ処理/評価を同時に行えます。

多用途のデータエクスポート&インポート:JCAMPASCIIなど、一般的なファイル形式を便利にエクスポートおよびインポートすることができます。

強力なスペクトルブラウザ:読み込まれるすべてのスペクトルが明確に配置され、すべてのデータブロック、パラメータ、結果、および履歴に容易にアクセスすることができます。複数のスペクトルを同時に表示するとともに、多くのスペクトルの全体も表示します。

カスタマイズ可能なワークスペース:OPUSは、ユーザーが良く使うメニューとアイコンにを自由に配置でき、日常分析や研究業務に応じた作業環境ワークスペースを備えています。

複数のスペクトル単位軸:cm-1nmµmeVmeV、あるいはTHzなど、スペクトルの表示方法を選択し、上下のX軸に異なる単位を使用することも可能です。

日常作業に便利な各種機能:
-
アクセサリーの自動認識機能および測定パラメータの一貫性チェック機能
-
反復測定やオートサンプラーのサポート
-
実験日誌機能、およびカレンダーでスケジュールしたアクションの自動実行
-
マウス右ボタンのコンテクストメニューによる効率性の高い操作
-
オンラインヘルプ、マルチメディアFTIRチュートリアルなど

C2 Tab1 picture1Check Signal neuPerformance Guard neu

質の高いスペクトルを測定することは重要な前提条件ですが、最終的に重要なのは必要な情報の抽出です。このため、OPUSベースパッケージは、標準的な用途と研究用途の両方に対応する有用な機能を数多く備えています。

  • 定量化(ランバート・ベールの法則)および統合:定量分析のための既存のメソッドに当てはめるか、自分で新しくメソッドを構築することができます。
  • クイック比較:納入品などについて、基準物質スペクトルと自動的に比較し、同一性や品質を確認します。メソッド設定は簡単かつインタラクティブで、関心のあるすべてのパラメータを利用できます。
  • ピークピック:ピーク位置を自動的に判断し、ピーク一覧を生成するとともに、感度と閾値をインタラクティブに調整します。

カーブフィッティング:強力なパラメータ最適化アルゴリズムでのローレンツ、ガウス、および混合バンド形状でインタラクティブにフィッティングできる機能です。

層の厚み:自動的な感度の最適化を伴い、干渉縞からの薄い層とコーティングの厚さを判断します。

マルチ評価:条件付きステップやアラーム値を含む、連続的なマルチステップ評価または階層評価カスケードを可能にする強力なツールです。マルチ評価は、ネストさせたランバート・ベールの定量化メソッド、ならびに同一性と適合性の試験および多変量の定量化のメソッドを複合させたもので構成されています。さらに、既存の定量化メソッドからコンポーネントを計算することが可能です。

検索(基本バージョン):ライブラリ内で自動的にスペクトルを検索し、手持ちの物質でライブラリを作成します。

その他多数…

1 Integration
2 Quant1

解析によって必要な情報を抽出する前に、スペクトルの前処理が必要な場合もあります。このような場合も、OPUSは強力で使いやすい処理機能を備えた包括的なツールを提供します。

  • 高度なATR補正:ピーク位置と強度に関して、ATRと透過率スペクトルの互換性を実現します。屈折率が低いATR結晶を伴う黒ずんだ吸収力が高い試料(セレン化亜鉛、ダイヤモンドなど)の分析を可能にする独自のアルゴリズムも含まれます。

  • 強力なスペクトル計算機:直感的な電卓のデザインで、スペクトル、および3Dスペクトルでのさまざまな数値演算が可能です。

  • インタラクティブな差スペクトル法:調整可能な倍率と結果プレビューを備えた快適でインタラクティブな差スペクトル法で、溶媒、マトリクス材、基質などのスペクトルの寄与について補償を行う重要なツールです。

  • カスタマイズされたデータ処理:それぞれの測定の後に自動的に適用されるように、測定パラメータに望ましい処理機能を加えます。強力で極めて高い柔軟性を誇るOPUSマクロにより、ユーザー定義された機能を複合したものが条件付きで実行されます。

  • 大気補正:妨害となる水(H2O)と二酸化炭素(CO2)の大気吸収を効果的に抑えます。

  • 自由度の高いのベースライン補正:例えば粗いサンプルの散乱による傾いたベースラインの補正には、Scatter補正、Rubberband補正、Concave Rubberband補正を用いて、補正することができます。マニュアルで基準点を設定して、自動的にインタラクティブに実行が可能です。

  • その他の豊富な機能:正規化、微分、スペクトルの単位とスペクトルのタイプの変換、スペクトル領域の結合、外挿、さまざまなフーリエ変換ツール、クラマース・クローニッヒ変換などがあります。
1 Baseline22 Interactive Subtraction3 Spectrum Calculator

データを解析すると、レポートに主要な結果がまとめられ、分析の要約が分かりやすく示されます。分析レポートジェネレータ(ARG)と共に、OPUSはこの要件も満たす適切なソリューションをもたらします。

  • インタラクティブなセットアップ:ご自分の分析レポートの内容と見栄えをインタラクティブに設定します。

  • 個別のレイアウト:フォントやフォントサイズなど、お好みのレイアウトオプションを選択し、ご自身の会社のロゴを挿入することができます。

  • スペクトルプロットの組み込み:解析結果(「OK」または「OKではない」など)に応じて本当に重要なスペクトルプロットをレポートに追加します。

  • パラメータと結果への選択的なアクセス:OPUSファイルの該当するブロックにアクセスして、レポートに含めるパラメータと結果を選択します。

  • 出力形式のオプション:プリンターへの直接的な出力、MS ExcelOriginなどとの互換性を備えるPDFCSVスプレッドシート形式へのエクスポートができます。
ARG Report Set Up

カスタマイズされた測定、処理、および評価の手順を実現できるよう、OPUSは極めて強力なマクロエンジンとVBスクリプト機能を提供します。それだけではありません。他のプログラムとの通信のために適切なインターフェースも用意されています。

  • 強力なマクロエンジン:OPUSマクロは事実上、すべてのOPUS機能、ならびにそれらを条件付きで複合したものを組み込むことができます。このため、OPUSマクロはカスタマイズされたワークフローを定義することを可能にし、OPUSツールバーアイコンやメニューエントリーとして他者にも利用可能となります。
  • インタラクティブなマクロエディター&ウィザード:経験の浅いプログラマでも、このエディターにすぐに慣れ親しむことができます。たとえば、対応する機能アイコンをクリックすれば、既存のOPUSの機能をコードに簡単に挿入することができます。さらに、プログラマ以外の方々に向けて、マクロウィザードを伴う完全にグラフィックなエディターも含まれています。
  • マクロでさらに注目するべき点:マクロデバッガー、文法チェック、自動修正オプションがあります。より迅速な実行を可能とするため、やマクロの内容に権限を持たない人がアクセスするのを防ぐためのバイナリマクロ形式へのコンパイルが可能です。
  • 視覚的基本スクリプトエンジン:VBスクリプトもOPUSの環境の中で実行することができます。これによりさらに柔軟性のある相互作用オブジェクトが許容されます。さらにOPUSは、既存のVBスクリプトの変更や新しいVBスクリプトの生成のためにグラフィックVBスクリプトエディターも含んでいます。
  • DDEインターフェース:LabVIEWなど、他のプログラムとの通信や接続を経てダイナミックなデータ交換を行います。さらに、OPCベースのLabVIEWという仮想機器もご要望に応じてお届け可能です。
  • さらなるインターフェース:パイプコミュニケーション、httpサーバー、およびOPCサーバー(基本バージョン)。

 関連トピック: 
- OPUSデータベースの機能
- プロセス統合のためのソリューション

1 Macro Editor2 Macro Wizard23 VB Editor

GMP(製造管理および品質管理に関する基準)や他の一般的な基準において、OPUS21 CFR Part 11に完全に準拠した唯一の赤外およびラマン分光法用ソフトウェアです。

OPUSバリデーションプログラム(OVP)は、医薬品メーカーとその他の規制対象の企業の企業が最も効果的な方法でGMP/GLP/cGMPの要件を満たすことができるように作られています。

OPUSソフトウェアはデータセキュリティ、インテグリティおよびオーディットトレイルを備えています。

標準的なOPUSバリデーション機能:

  • ユーザーおよびパスワードの管理

  • アクセス管理、自動システム監査証跡

  • 監査証跡はスペクトル、メソッド、およびソフトウェアを網羅

  • 元のデータは削除や上書きが不可能

  • すべてのデータ(スペクトル、評価、レポート)は単一のファイルに保存され、データインテグリティとスマートなアーカイブを保証

  • 数々の機能がOPUSに組み込まれています。追加のソフトウェアは必要ありません。