HI 90

ハイパースペクトルイメージングシステム

HI 90 は、マイケルソン干渉計に二次元アレイ検出器(FPA)を組み合わせた、ハイパースペクトル式イメージングリモートセンシングシステムです。FPA の各ピクセルは、対応する視野の赤外インターフェログラム、すなわち赤外スペクトルを取得します。したがって、1 回の干渉計走査で、FPA が持つ素子数分の赤外スペクトルを同時に取得することができます。このスペクトルの持つ化学情報をもとに、観測エリア内に存在する有害である可能性のあるガスを、離れた距離から瞬時に検出、定性、定量、および可視化することができます。

 

 

HI 90の大きな役割の一つとして、防衛が挙げられます。例えば、テロリストの攻撃など、化学的事故の発生によって有害化合物が大気中に放出された場合、緊急時対応部隊は、周辺住民や環境を保護する適切な措置を講じるために、放出された化合物に関する情報を直ちに必要とします。HI 90は、数キロメートル離れた地点から大気中の有害なガスを同定および可視化することができます(遠隔検知)。ガス雲の画像から、その規模と分散状態を評価が可能となり、さらには、有害ガス雲の発生源の特定することも可能となります。

HI 90 の主な特長

高効率平面ミラー干渉計
アクティブアライメント機構
高性能フォーカルプレーンアレイ
高品質スペクトル

高い信号対雑音比
低検出限界

標準スペクトル範囲:1440~850cm-1(その他の範囲オプション)
リアルタイム画像オーバーレイ用ビデオカメラ
内部自動校正装置
完全なソフトウェアパッケージ
ハイパースペクトル画像処理のための線形および非線形フィルタ
化合物の自動識別

大気ガス干渉の補償

イメージング: ビデオイメージとハイパースペクトルイメージのオーバーレイ
ハイパースペクトル画像のインタラクティブ表示
完全な文書化を含むすべての関連データの保存

測定シーン画像
スペクトル
特定された化合物
位置
時間など

 

HI 90 に関するお問合せはこちら