Autoflexmax Webbanner

MALDI-TOF MSによる詳細なポリマー解析

ルーチン的な品質管理から新しい発見や特性評価まで、autoflex maX MALDI-TOFおよびTOF / TOFシステムは、チャレンジングなサンプルの迅速な分析に万能性と信頼性をもたらします。 ダイナミックレンジを拡大する新しい10ビットデジタイザーによって、最小限のサンプル調製によるポリマー、ペプチド、タンパク質、脂質、および糖の詳細なプロファイリングのための分析能力が大きく向上します。

MALDI 25年 – 実証された技術革新

Autoflex maX solo high res 300px

autoflex maX MALDIシステムはBrukerの実証された技術革新によって構築され、世界中の科学者、分析化学者、研究者にとって強力なツールとなるように設計されています。 1992年に最初に発表されたMALDI-TOF MSシステムであるREFLEXの発売以来、私たちはMALDI TOFおよびTOF / TOF装置のflexファミリーの分析性能と機能を改善するために継続的に取り組んできました。MALDI技術を初期に使い始めた人々には、酵素消化物のペプチドマスフィンガープリンティングによる同定が、(Biopharma Compassソフトウェアを使用することで)15分以内に明確な結果が得られる複雑なバイオ医薬品品質管理のためのLCフリーで簡便な同定スクリーニングにつながったり、グリカンプールのプロファイリングが様々なmAbバッチの迅速な視覚化に使われることは想像できなかったことでしょう。

シークエンスの正確さはMS/MS分析によって即座に確認することができ、autoflex maXに搭載されるsmartbeam IIレーザーの低いサンプル消費量は非常に複雑なサンプルであっても深い分析をサポートします。

パワフルなsmartbeamレーザーで徹底解析

smartbeamレーザーは広範囲のMALDIマトリックスに適用可能であり、イオン化の柔軟性と解析力をもたらします。 多様性を持たせるによって我々の日常生活への大きな価値を持つ反面、しばしば検出と特性評価に課題を持つ高分子物質の分析にとって、その柔軟性は非常に重要です。 工業用品質管理、不純物評価、添加物の特性評価のいずれの場合でも、特にPolyToolsソフトウェアと併せてautoflex maX MALDI-TOFシステムは迅速かつ有益です。

広範囲な分子スペクトル解析

当社の全てのMALDI-TOF質量分析計は幅広いm / z範囲に渡ってイオンを分析することができ、分子や脂質やペプチドなどのより小さな分子から、100 kDaを超えるポリマーやインタクトタンパク質まで、広い範囲のスペクトルの分析が可能です。PANパノラマフォーカシングによってピーク分解能が維持され、autoflex maXの新しい10ビットデジタイザーはダイナミックレンジの向上によって量の少ないサンプル成分のより完全な分析を可能とします。MALDI MSイメージングアプリケーションでは、このようなダイナミックレンジの拡大は、組織などの複雑なサンプルでは非常に重要ですが、QCワークフロー、ダイレクトTLC-MALDI、ポリマー分析など、あらゆるアプリケーションに有用です。

Polymere Analysis 400px

実験室に優しい設置面積とTOF からTOF / TOFへ現地での機能アップグレードが可能なオプションを持ち、autoflex maXは真の価値と多才な分析をもたらします。そして革新的で信頼性の高いソリューションをすべての実験室に提供するというBrukerのレガシーを継承しています。

FLEXシリーズMALDI-TOFおよびTOF / TOFシステムのすべてと同様に、autoflex maXは日々の運用において高い価値のデータが確実に得られるように設計されています。 autoflex maXのアプリケーションの柔軟性は、ダイナミックレンジの向上により強化され、幅広い質量範囲にわたる多様な分子種のより完全に近い分析結果をもたらします。

MALDI装置に不可欠なsmartbeam™ IIレーザー

autoflex maXの心臓部には、独自のsmartbeam™ IIソリッドステートレーザーが搭載されています。 MSモードでは2kHz、MS/MSでは200Hzの速度でバイオ医薬品スクリーニングに要求されるような短時間での分析を数分で行うことができます。smartbeam レーザーのクラス最高のイオン化効率によってサンプル消費が最小限に抑えられ、複雑なサンプルであっても各ターゲットスポットからは最高のクオリティのデータが得られます。 イオン化が十分に穏やかなため、組織サンプルをMALDI MSイメージングワークフローによる分析後にも染色することもできます。

幅広い質量範囲とダイナミックレンジにフォーカスを維持

全てのBruker MALDI-TOFシステムと同様に、独自のPAN™パノラマフォーカシング技術は脂質、グリカン、ペプチド、および高分子プロテインの信頼のおける分析をサポートします。 autoflex maXでは最大26,000の高分解能と、新しい10ビットデジタイザーとFlashDetector™との組み合わせによる低ppmの質量精度とamolレベルの感度が得られます。例えば他の分析手法では詳細を見逃しがちなポリマーの品質管理において、この分析力の深さや幅は非常に重要です。

直感的なソフトウェアで駆動

autoflex maXの価値と親しみやすさの鍵となるのは、データ測定ソフトウェアflexcontrolとデータ分析ソフトウェアflexAnalysisを含むCompassソフトウェアスイートです。手動測定でも自動測定でも、これらのソフトウェアは質の高いデータの迅速かつ容易な測定をサポートし、 さらにバイオ医薬品分析のためのBiopharma Compass、ポリマー分析のためのPolyTools、およびMALDIイメージングのためのSCiLSを含む特定アプリケーション向けソフトウェアパッケージと連携して動作します。

容易なメンテナンス

この幅広い実用性を備えた分析プラットフォームは実験室の働き者であり、イオン源のメンテナンスはPerpetual™イオン源のレーザーによるセルフクリーニングによってボタンを押すだけで簡単に行え、 15分以内に測定再開の準備が整います。 Brukerのエンジニアによるリモートサービスは、迅速なトラブルシューティングとその場でのソフトウェアやファームウェアのアップデートを可能とします。

Targeteinzug 400px

Straightforward analyses with speed, power, and versatility

With the autoflex maX, the application flexibility of MALDI-TOF MS is fully supported for rapid discovery and characterization workflows including peptide, protein, and polymer QC, LC-free glycan profiling, lipid analysis, and molecular histology. Upgrades from TOF to TOF/TOF systems can be made on-site, affordably adding analytical power for many applications.

Depth and diversity for polymeric evaluations

Synthetic polymers are ubiquitous in our modern life – from packing materials to paints and cosmetics and even pharmaceutical products. MALDI TOF mass spectrometry is a fast and easy method for polymer characterization, providing detailed information and mass accuracies far beyond traditional gel permeation chromatography. In many cases, oligomerically resolved polymer mass spectra may be obtained from the autoflex maX, and from this data monomer units and end groups can be rapidly determined via our PolyTools software. Characteristic values of the polymer, including weight average molecular weight (MW), number average molecular weight (MN), dispersity Đ, and degree of polymerization may also be automatically calculated, and even similar polymeric components may be easily distinguished. In cases where mass calculations from polymers with broad mass distributions (D > 1.2) are difficult to perform, the enhanced dynamic range of the autoflex maX provides more data of potential value with the detection of very low intensity peaks and a broader polymer distribution.

Rapid biopharmaceutical product characterizations

In biopharmaceutical development and production, fast and educated decision making can reduce time and costs in applications from early development through QC. Rapid LC free methods have been developed using the autoflex maX to determine glycan profiles for clone selection, perform rapid ID testing during fill-finish operations, and QC diverse incoming goods, including polymer additives.

Rapid ID confirmation
Rapid ID confirmation of monoclonal antibodies can be achieved by MALDI-TOF based Peptide mass fingerprinting (PMF) on the autoflex maX System. Click to enlarge the sample preparation protocol.

The reliability and depth of both peptide and glycan based screening is improved due to the enhanced dynamic range of the autoflex maX. Antibody identification can be achieved rapidly using a dedicated 15 minute denaturation and digestion protocol, with the autoflex maX providing differentiating pattern of abundant peptide (peptide mass fingerprints). When compared to a reference pattern library, a dedicated scoring algorithm in our Biopharma Compass software provides similarity scores and traffic light color coding for easy determination of the correct mAb sequence match. Clone selection and QC screens can be quickly made from analysis of IdeS digested (Genovis) human IgG or on PNGAse F released glycans from all types of antibodies, and butterfly plots generated within Biopharma Compass allow rapid visual comparison of glycan pools of different mAb batches.

Comparison of N-glycan profiles
Comparison of N-glycan profiles of two batches of an IgG mAb with different intensity of G1F and the presence of high mannose glycans. (Click to enlarge)

Redefining histology with spatial resolution of molecular species

Information on the spatial distribution of molecular species in biological tissues, plants, and even industrial materials as provided by MALDI imaging opens unique views on a myriad of research pathways.  The autoflex maX systems enable the imaging of a broad array of molecules, ranging from rather small molecules (e.g., lipids), up to intact proteins of 20 kDa or more.  Fast data acquisition rates permit the collections of thousands of data points in a realistic laboratory time scale, and the enhanced dynamic range of detection of the autoflex maX offers a true advantage in the analysis of highly complex samples such as biological tissues. 

With such a wealth of data, analysis for both targeted and discovery workflows requires powerful software to maximize its utility. Our market-leading SCiLS Lab software is a comprehensive toolbox for detailed analysis of MS imaging data and combines with autoflex maX as a robust and reliable MALDI imaging team.

negative ion mode
MALDI Imaging analysis of lipids in rat testis tissue. (Click to enlarge.)

For Research Use Only. Not for Use in Clinical Diagnostic Procedures.