rapiflex

rapifleX

MALDIシステムのマーケットをリードするブルカー – 研究者の要望に応える最初の<br/>MALDI-TOF/ TOF

rapifleXは、今日最も先進的なMALDI-TOF/ TOFシステムであり、最も汎用性が高いシステムです。
<br />バイオ医薬品やバイオシミラーのトップダウンシークエンシング、糖鎖構造の分析、確認、および部位確認またはジスルフィド/スクランブル/トリスルフィド結合を確認するなど、広い研究目的で利用可能なrapifleXは、最適な装置です。
<br />このシステムは、スピード堅牢性、汎用性と確信を与えるシステムに高度なインフォマティクスと最先端の技術を組み合わせました。

すべてのアプリケーションおよび要求を満たすMALDI-TOF/TOF

ブルカーは、研究において過酷な課題に直面している生命科学者を支援し続けてきた長い歴史があります。私たちは、研究者が研究を加速することに依存する革新的なMALDI-TOFおよびMALDI TOF/ TOF質量分析システムを提供します。 rapifleXは開発と革新的なMALDI-TOF分析技術を提供するブルカーの絶え間ない努力の最新例です。

分析者は最短の時間で最高の意思決定を行うことができます。なぜなら、最新のブルカーrapifleX MALDI-TOFシステムは、生産性、使い易さ、ランニングコストの面でパラダイムシフトを起こしているからです。

ブルカーrapifleXプラットフォームは、前例のないスピードと分析パフォーマンスで完全な評価システムを提供しています。

ブルカー rapifleXはこれまでに無い分析スピードと性能を備えた完璧なシステムです

Dr. Julian D. Langer, MPI of Biophysics and MPI for Brain Research, Frankfurt am Main, Germany, がrapifleX TOF/TOFについて語ります

「私たちの研究室では、rapifleX TOF/ TOFの高m / z域でのMS2分離効率、分解能と質量精度を利用して、原核生物の呼吸鎖複合体および抗生物質を含む膜タンパク質複合体の新たなサブユニットの同定および特徴解析に尽力してきました"

当社の最先端技術の詳細については、こちらをご覧ください

私たちは研究者が必要とする質量分析法を提供する事に情熱を注いでいます。  rapifleXシリーズの開発において、当社のエンジニアと開発者が目の前にある課題に対応する最初のMALDI-TOFシステムを開発しました。

 

分析スピード改良目指し、ブルカーはrapifleX MALDIイメージングソリューションを組織イメージングやハイスループット一次スクリーニング研究者の要望を満たすために、従来のMALDI-TOFシステムよりも分析スピードを最高20倍まで高めるように再設計しました。

 

最適なイオン光学系と最高グレードのレーザー技術は分析モードまたは質量範囲に関係なく、これまでにない高品質データを提供します。

 

 

寄せ集めた各パーツは装置全体の性能を大幅に向上させます

前例のない10 kHzの速度とイオン源の堅牢性、広いダイナミックレンジ、高い特異性と分解能、これらすべての性能は、MALDI-TOF/ TOFに期待される生物学分野および臨床分野に関連する脂質、ペプチドおよびタンパク質の詳細な特性等の分析に貢献します。

繊細なタンパク質特性解析と組織および細胞培養物のイメージング。

 

 

rapiflex-NEW-workflow.png
Rapiflex 最新テクニカル情報 

スピード – ハイスループットに対応する10 kHzのスキャンsmartbeam 3Dレーザー – 速度を5-20x増加

 

堅牢性 - 最大稼働時間を確保するために設計された簡単に洗浄可能なユーザーリムーバブルイオン源

 

確信

  • アプリケーションに適応するイオン光学系
  • 3ステージリフレクター:妥協せず全ての分子量範囲にて最大の分解能を提供
  • MS分析において感度を最大化する取り外し可能なMS/ MSのイオン光学系
  • MS/ MS質量範囲は、糖ペプチド、ジ/トリスルフィドペプチドおよび困難な非トリプシンペプチドのような分子量の大きなペプチドにも対応可能な最高8kDaまで設計
  • プレカーサーイオン選択分解能は1000に改良 - 複雑な混合物中で高い選択性を確保
  • 最高のプレカーサーイオン選択能力はMS/MSデータの質を高めます
  • 広域ダイナミックレンジを生み出す10 bit デジタイザー

 

 

MALDI-TOF/TOF を求められる全ての分野に

The rapifleX MALDI tissuetyper はMALDIイメージング測定の完璧なソリューションです

  • 最速 50 ピクセル/秒の分析
  • 優れた画質
  • 組織学の統合
  • 巨大な組織のバイオマーカー研究むけの包括的なソフトウェア

 

 

組織から直接バイオマーカーを同定

複雑なマトリクスからでも、高品質MS / MSスペクトルを取得し、識別することができます。


imageIDワークフローはイメージング分析における組織切片上でのトリプシン消化およびバイオマーカーの同定のためのLC-MS分析を同時に確立しています。

創薬およびスクリーニングを加速

最新のrapifleX MALDI PharmaPulseは、速度、特異性および薬物発見を目的とした膨大な数の一次スクリーニングのために必須な堅牢性を提供する最初の質量分析手法です:

  • 自動化ソリューションは、〜0.3秒/サンプル 8分未満で1536ターゲットプレートを処理することができます
  • LC/ SPE-MSシステムよりも約100倍少ない溶媒使用量
  • SPEカートリッジまたはHPLCカラムを使用する必要はありません
  • ラベルフリー検出法はアッセイ開発を加速、簡素化し、干渉物からの妨害を回避します
  • 非常に少ないサンプルボリューム(通常~1μL)は1ウェルで反応系内のターゲット分析を可能にし、アッセイに必要なサンプルの総量を減らすことができます

高い配列カバレッジによる検証

抗生物質耐性の原因となる変異を含むM. phlei ATP合成酵素 のCリングサブユニットのトップダウンシーケンシングスペクトルは、99%の配列カバレッジを得る事ができました。

修飾と変異部位が明確に検出されます。

バイオ医薬品の特性解析

LC-MALDI分析による自動化されたジスルフィド結合の検出(左)。トリスルフィド部位はマニュアルにより定量できます。 ヒトIgG1モノクローナル抗体でトリスルフィドフォームの定量化は:10ビットデジタイザにより、定量限界0.1から1パーセントの範囲から高ダイナミックレンジの定量を可能にします。

 

 

rapiflex-NEW-Automated-disulfide-bond-determination-via-LC-MALDI-analysis.png
サジタル断面ラット脳の30μmpixelでのタンパク分析(~150000pixel)
トリプシン消化したぺプチド断片を組織上から直接同定します
1536プレート全部測定に8分以下(クリックで拡大)
トップダウン分析による質量スペクトル

Service & Support

Bruker Daltonics services are performed by factory trained and certified engineers. DIN EN ISO 9001:2000 requirements are fulfilled

 

Available services include:

  • Help desk service for a faster access to our support team, to your service order follow up and for general information
  • Planned maintenance, according to our requirement
  • Telephone support from highly-skilled troubleshooting professionals, to isolate and resolve hard- and software problems
  • Web-based remote instrument service for service diagnosis and applications support
  • Customer on-site repair and maintenance service
  • Spare parts availability typically over night or within a few working days worldwide
  • Compliance services for installation qualification, operational qualification / performance verification
  • Site planning and relocation
  • Advise to improve labs efficiency (consumable, method development & how to run the complete solution)

For Research Use Only. Not for Use in Clinical Diagnostic Procedures.