06 Modulus Mapping Banner 1154x400px

モジュラスマッピング

高分解能で試料表面の力学特性のイメージングを


ブルカーのモジュラスマッピング技術はin-situ SPMイメージングと同時に、ナノスケールの動的測定(naonDMAIII)を行うことで、材料表面のナノ力学特性のマッピングを定量的に行う画期的なツールです。in-situ SPMイメージング中に、硬いナノインデンテーションの圧子を正確に制御された条件下で振動させることにより、モジュラスマッピングを行います。その結果得られた振幅と位相差から、定量的な材料表面の動的粘弾性を算出できます。モジュラスマッピングでは、10分以内に65536点のデータを取得することも可能でき、不均一な試料表面や接合面などの高分解能のマッピングに理想的な手法です。

Modulus Mapping Storage Modulus

弾性、粘弾性の評価に


モジュラスマッピングは試料表面を走査する際、圧子に微細な振動を与え、その振幅と位相差を検出しています。それらの値から、表面形状と同時に、剛性、貯蔵弾性率、損失弾性率、tanδのマッピングを行います。このミクロン領域のマッピング技術は、1点ずつの測定に比べ、より早く、多くの情報をご提供できます。