20 SEM TEM Heating 1154x400px

SEM、TEM加熱測定オプション

現在扱われているほとんどの材料はさまざまな温度領域で使用されるため、室温での力学特性を単純に測定するだけでは不十分な場合があります。そのためブルカーは、高温の過酷な環境下での材料の力学特性を評価するために、SEMおよびTEMシリーズPicoIndenter用に特別に設計された試料加熱測定アップグレードオプションを開発しました。

ブルカーは、最高400℃と800℃の温度でPIシリーズ装置に2種類の加熱オプションをご提供しています。 400℃までの加熱オプションには、抵抗性MEMSヒーターを採用しています。加熱測定により、ガラスやポリマーの脆性-延性遷移など、様々な変形メカニズムをナノスケールで確認できます。また、加熱領域を必要最低限に抑え、局在化することに成功。加熱領域以外への熱の流出を最小限に抑え、力学試験のために必要な安定性を確保しました。加熱温度はフィードバック制御されており、設定値まで正確に加熱を行います。

PI 85LおよびPI 88 SEM PicoIndenterでは、新しく開発された加熱オプションにより温度を関数として、in-situでの力学特性の評価が高分解能で可能です。このような試験は、極端な動作環境において信頼できる性能を発揮する必要のある、高温での耐久性などを求められる材料(航空宇宙、自動車、原子炉など) に効果的です。直接加熱する圧子、液体で冷却されたヒートシンクを搭載したPicoIndenterは、ドリフトと顕微鏡のチャンバーへの熱伝導を最小限に抑えながら、試験温度を最大にできるように設計されています。