Research and Teaching, Handheld XRF Spectrometry

研究・教育用の携帯蛍光X線測定装置

そのユニークなフレキシビリティーにより、Tracerシリーズ蛍光X線分析装置は美術品・考古学計測における事実上の標準機となりました。研究・教育用途としてもパーフェクトな選択肢です。

ハンドヘルド蛍光X線測定装置に期待される標準的なキャリブレーションと分析能力に加えて、Tracerシステムは不均一な物質の調査や蛍光X線を学ぶ学生のトレーニングなどへ対応する柔軟性の点でユニークです。このシステムは、励起パラメーターのコントロールや実験的キャリブレーションの実施に必要なソフトウェアを標準装備しています。PCまたはPDAでコントロールし、ラボで簡単にお使いいただけます。現場に分析装置を持ち出す必要がある時には、バッテリーを挿入しPDAインターフェースでハンドヘルド装置としてご利用いただけます。

Tracerを用いたカリキュラムに御興味のある方は、我々のアプリケーションチームにご連絡ください。

史物および非均質物体のような不均一な素材の調査には、工場検量線が入力された産業用装置シリーズの分析装置以上の何かが必要となります。 全ての励起パラメーターをコントロールするTracer III-SDのユニークな柔軟性は、テスト中の試料への最適なセッティングを決定することを可能にします。結果は、試料の密度、X線エネルギー、試料の均一性など多くの要素の作用によるものです。Tracer III-SDは、励起調節に必要なフィルターのマニュアル挿入を可能にします。PCベースのソフトウェアはX線管の電流と電圧のコントロールを可能にします。加えてTracer III-SDは、最高の感度と検出速度を提供するシリコンドリフト検出器(SDD)技術をベースとしています。