Restricted Materials, Handheld XRF Spectrometry

ハンドヘルド蛍光X線分析装置による有害物質の効果的分析

2006年のEUによる危険物質の制限(RoHS)やCPSIA 2008といった禁止物質検査の法制化により、製造会社はより効果的な試験法と試験装置を見つける必要性に迫られています。

BrukerのS1 TITANは、蛍光X線を用いて迅速かつ完全非破壊での鉛フリー製造や、RoHSに示される玩具中や消費財中の重金属検出の試験を可能にします。ブルカー内製の革新的なシリコンドリフト検出器であるXFlashをベースに、S1 TITANは高速で正確な分析を行います。鉛(Pb)、水銀(Hg)、クロム(Cr)、カドミウム(Cd)、臭素(Br)といった元素が、S1 TITANを用いれば簡単にppmレベルで検出できます。

TITAN_toy_analysis.jpg
Testing children's toys with the S1 TITAN

その他の関連する法規制には以下のようなものがあります: