歴史的顔料のキャラクタリゼーション

ほとんどの歴史的色素の最初の合成または使用された時期は知られています。ある種の顔料は特定の時期の後に使用され、あるものは特定の時期の前に使用されません。したがって、絵画や他の色のオブジェクトの作成日は、時系列に並べることができます。

この応用例では、Albrecht Dürerの銅板「Peter and John heal the lame person」の2色のプリントを調べました。目的は、顔料を特徴付けることによってこれらの着色の年代順を決定することです。

μXRF分析装置 ARTAXを使用することで、それは証明されました。その1つは16世紀後半にGeorg Mackにより着色され、もう一方は19世紀に行われたのでした。

ラボレポートXRF 422のダウンロードはこちらから(PDF)