励起源には、X線管ハウジングの迅速な交換を可能にする高精度ロックが取り付けられています。これは、最も適切な励起源を選択し、X線光学系を迅速に交換することを可能にします。ウォーミングアップを含めて、チューブのオンは15分以内に行うことができます。

Mo? それとも W? いずれも! Wターゲットを有するX線管は、Moターゲットを有するX線管よりも20 keVを超えるK線を有する元素(例えば、Ag、Sn、Sb)について、2~5倍大きなピーク強度を得ることができます。対照的に、Mo管は軽元素の励起が著しくすぐれているという利点を有します。ARTAXは、あらゆる種類のサンプルの高度な分析にWおよびMoの両方のX線ターゲット材料を迅速かつ簡単に使用できます。

Changing the Tube on an ARTAX
Changing the tube on an ARTAX

迅速なX線管の交換