化学物質/放射線脅威検知器

RAID-XP

RAID-XP

特長

RAID-XP

特徴

新次元の検出

RAID-XP は、ハイエンドのイオンモビリティス分光計により化学兵器 (CWA) と有害工業化学物質 (TIC) を検知、識別、継続監視することができます。

さらに、半導体センサーと 2 つのフォトダイオードを同時に使用することで、ガンマ線の検知と定量化(線量率および累積線量)を行います。データの監視と照会は、明確で分かりやすいデュアルディスプレイと、操作が簡単な統合ソフトウェアメニューによって実現されています。RS232 と GPS インターフェースが可能です。

RAID-XP は信頼と実績のブルカーの技術に基づく堅牢かつ柔軟性に優れる装置で、単独での運用と車両搭載による運用の両方に対応します。

アプリケーション

RAID-XP

アプリケーション

化学兵器 (CWA) や放射線による複合的な脅威を軽減するために、ブルカーは革新的なシステム RAID-XP シリーズを開発しました。

RAID-XP は、化学物質や放射線による脅威の検出を単一のシステムに統合し、さらには有毒工業化学物質 (TIC) の検知能を強化しています。

代表的なアプリケーション

  • 軍事利用、特に境界監視、テロ対策、民間防衛のアプリケーション
  • 船舶、偵察車、移動実験室、民間・警察の緊急対応車などの移動プラットフォームへの設置

仕様

RAID-XP

主な仕様

放射線検知と CWA 検知に対応する複合センサ

RAID-XP シリーズは、携行可能なプラットフォームに化学物質検知機能と放射線検知機能を統合しています。

CWA/TIC 検知における業界標準であるイオンモビリティー分光計と、ガンマ線の検知と定量(線量率および累積線量)を可能にする PiN ダイオードを搭載します。検知された CWA/TIC とガンマ線それぞれの脅威は、個別に表示されます。RAID-XP には 2 つのバージョンがあり、63Ni 源を使用する RAID-XP の標準モデルと、高エネルギー光イオン源 (HEPI) を使用する新たなモデル RAID-XPNR からお選び頂けます。

RAID-XP の特徴

  • 過酷な使用環境にも耐えうる堅牢設計
  • 連続・自動検知
  • 軽量、ポータブル
  • デュアルディスプレイ
  • 簡単操作

詳細

資料ダウンロード

当社の化学物質/放射線脅威検知器とソリューションの詳細については、こちらから資料をご確認頂けます。

イオンモビリティ分光分析 (IMS)

その他の製品

サポート

RAID-XP

サービスとサポート

ブルカー・ディテクションのカスタマーサービスは、工場でトレーニングを受けた専任エンジニアが対応します。ISO 9001の要件を満たしています。

利用可能なサービスは以下の通りです。

  • お客様のご要望に応じた計画的なメンテナンス
  • 不具合修理
  • 現地での修理・メンテナンスサービス