Bruker
製品とソリューション
アプリケーション
サービス
ニュースとイベント
キャリア
企業情報
FT-IR分光計

IFS 125HR

IFS 125HR シリーズは、高分解分光分析における究極のFT-IRです。
Banner IFS 125

特長

比類ないスペクトル分解能力

IFS125HR は、その極めて高い波数分解能力により、複雑なスペクトルを離散状態にまで分離し、スペクトルの帰属や成分の識別を容易にします。 とくに多成分のガス分析に有効です。

 

  •     市販装置として最高のスペクトル分解能
  •     分解線幅 < 0.001cm-1
  •     広範な分光領域: 紫外 ~ 遠赤外 / 50,000 ~ 5 cm-1
  •     ダブルサイド干渉サンプリングモード (オプション)
  •     高精度光学系による対称形に優れるスペクトルライン形状
  •     容易な分光領域の変更 - 真空を破ることなく、測定毎に異なる光源や検出器にアクセス可能
  •     2 つの異なる試料室を通じ、合計4 つの光源と6 台の検出器にアクセス可
  •     干渉計走査の安定性を高める、ハイブリッド・スキャナー採用

 

データ取得を高精度化する新しいエレクトロニクス

IFS 125HR は、イーサネット通信による分光器制御と24 ビットADC 搭載の Digitect™システムを採用しています。オプションパーツを追加することで、標準仕様の中赤外分光計から 近赤外、可視-紫外領域まで容易に拡張が可能です。

詳細

資料ダウンロード

当社のハイエンドリサーチ用FT-IR分析装置とソリューションの詳細については、こちらから資料をご確認頂けます。