Run & Done with PaSER

PaSER 2022

PaSER 2022 は、GPUを搭載したリアルタイムデータベース検索プラットフォームで、並列計算能力とボトムアッププロテオミクスのためのリアルタイムデータベース検索結果を提供します。

即時結果!

すぐに結果が得られます。

paser

ハイライト

PaSERは効率的に節約します

リアルタイムの結果が、現在の装置とサンプルの状態をお知らせします。

解析の時間
データベース検索には時間がかかりますが、取得が完了したらすぐに、妥協のない検索結果でこのステップを排除します。
装置の時間
PaSERでは、1分1分を大切にして、装置にかける時間を有意義なものにしています。
貴重なサンプル
貴重なサンプルを節約しましょう 単細胞でも臨床でも、PaSERのスマート機能でサンプルを無駄にしません。
コスト
装置を使う時間、試薬、サンプル調製にはコストがかかります。PaSERとRun & Doneを使用すると、意味のあるデータが得られることが保証されるため、コストを削減できます。

特長

PASER 2022

リアルタイムの検索結果とスマートな取得を実現した4D-プロテオミクス

PaSERが提供するリアルタイムデータベース検索とスマート取得を統合することで、データ分析のボトルネックを解消

全世界で利用可能

  • 現在および将来のtimsTOF ProとtimsTOF fleXプラットフォームはすべてPaSERにアクセス可能です。

4Dプロテオミクス

  • CCS-Awareのデータは豊富ですが、PaSERではリン酸化などのPTMを含むリアルタイムのデータベース検索が可能です。

GPUパワーで大規模並列化

  • PaSERはGPUを搭載しており、何千ものCUDAコアにまたがる大規模な計算能力を提供します。

PaSER データレビュー

  • すべてのPaSERボックスに搭載されている統合ビューアで、高度な実験情報から特定のフラグメントイオンスペクトルまで、データの詳細を自信を持って見ることができます。
スマート
  • PaSERはスマートで、サンプル収集の最後にユーザーが定義したタンパク質またはペプチドの適格性を確認することで、サンプルキューの進行状況を決定し、適合性をチェックします。

利点

PASER 2022

時間とコストの節約のメリット

  • 貴重なサンプルを注入する際の心配はもうありません。
  • 装置の時間を無駄にする心配はもうありません。
  • 高価な試薬やサンプルの前処理をしても、それを性能の悪いシステムに注入してしまうという心配はもうありません。
  • システムの適合性を判断するためにQCを実行するのを待つ必要はありません。
  • メソッド開発中に検索結果を待つ必要はありません。
PaSER 2022

本格的なデータベース検索が5ミリ秒以下で実現

圧倒的な検索速度と妥協のない検索結果。

A) PaSERによるヒト細胞ライセートDDA測定をリアルタイム解析したタンパク質IDとMaxQuantとの比較

B) PaSERによるヒト細胞ライセートDDA測定をリアルタイム解析したペプチドIDとMaxQuantとの比較

C) PaSERとMaxQuantでは、97%の同じタンパク質と90%近くの同じペプチドが同定されています。

PaSERは、同じデータをオフラインで検索した場合と同じように、リアルタイム検索から得られる一貫した結果を提供します。データベース検索アルゴリズムはGPU上で実行されるため、CPUベースの検索に比べて検索時間はごくわずかです。

リアルタイム検索に加えて、翻訳後修飾(PTM)研究を含む特定のアプリケーションのために、より広い空間を検索する機会が現実のものとなります。

今まで見逃していたものを見る

TIMS Vizにより作動するMOMA viewerは、今までにない4次元プロテオミクスデータを見ることができる強力な機能を備えています。四重極とTOFの上流でモビリティー分離とフォーカシングを行うことで、同重体とそれに近い化学種の分離が可能になります。他の技術では、PTMエンリッチメントや複雑なサンプルの分析の場合、質量的に同重体または同重体に近い共溶出種が共同フラグメントすることがよくあります。timsTOF Pro / flexでは、まず衝突断面積によってイオンを分離することで、この問題を回避します。このようなイベントを視覚化、検索、ソートする機能は、これまでになかったものです。私たちは、異なる移動度値を持つ同重体質量をMOMA(Mobility Offset Mass Aligned)と呼んでいますが、TIMS Vizは複雑な測定の中からそのようなイベントを引き出すことができます。TIMS Vizでは、許容範囲を任意に設定しながら、データベース検索後に観測されたフィーチャーとPSMの両方を同時に重ね合わせることができます。TIMS Vizは、今まで知らなかったものを見ることができます。

Videos

“ PaSERからtimsTOF Proにリアルタイムで結果が表示されるので、時間の節約になります。これにより、リアルタイムでメソッドを開発し、LCや装置の性能に関する情報を提供することができ、全体的に効率が大きく向上しています。”

Sebastian Vaca, PhD, Research Scientist, Proteomics Platform at the Broad Institute of MIT and Harvard (Carr Lab), Cambridge, USA

お客様の声

" 革新的なソフトウェアツールは、質量分析で未解決の生物学的な疑問に対処するために必要不可欠なものです。トラップド・イオンモビリティ機能とtimsTOF Proの堅牢性は、多くの疾患研究に効果的に使用できる独自のボトムアップ型プロテオミクス機能を提供します。"

Professor John Yates III, the Ernest W. Hahn Professor at The Scripps Research Institute in La Jolla, California

詳細