Bruker
製品とソリューション
アプリケーション
サービス
ニュースとイベント
キャリア
企業情報
QTOF

TargetScreener HR

TargetScreenerは、多種多様なマトリックス中の複数のターゲットを高い信頼性で検出・定量します。

すぐに使えるソリューション

極めて低い偽陽性率

impact-II-portrait

ハイライト

QTOF

TargetScreener HR

包括的
薬剤、殺虫剤、毒素、環境化学物質を網羅した数千種類の化合物を1回の分析でスクリーニングすることができます。
信頼性
質量精度、保持時間、診断イオンの検出、同位体パターンの4つの要素に基づいて、自信を持って標的分析物を区別することができます。
詳細な分析
データ収集メソッドは独自の深さと幅のあるデータを生成し、ルーチンなレトロスペクティブ分析と非標的探索スクリーニングをサポートします。

特長

TargetScreener HR

TargetScreener HR - 包括的なスクリーニングソリューション

最初に正しいデータを得る
複雑な食品や水サンプルから薬物、殺虫剤、マイコトキシンを分析したり、ヒトや動物の尿、唾液、血清サンプルから毒物や薬物を分析したりするのは大変な作業です。TargetScreener HRは、ブルカーQTOFシステムと高度に整備された2,800以上の化合物データベースを用いた、正確な質量分析に基づいた強力なソリューションで、偽陽性(または偽陰性)の報告を最小限に抑えることができます。また、TargetScreener HRでは、高精度の定量データを確実に得ることができます。

この強力な質量分析システムには、TargetScreener HRに統合されたソフトウェアアルゴリズム、メソッド、カラム、データベースが含まれており、「箱から出してすぐに使える」ようになっています。

ブルカー TargetScreenerのワークフローの概略図

偽陽性を最小限に抑えることが実証されています
すべての情報を利用して偽陽性と偽陰性を排除し、確実な同定を実現することは極めて重要です。

プリカーサーの質量と保持時間情報だけでは、偽陽性・偽陰性が多くなってしまいます。

マススペクトルには、非常に有益な同位体パターンや特徴的なフラグメンテーションパターンも含まれており、利用可能なデータをフル活用することで、偽陽性や偽陰性を根本的に排除することができます。

ブロードバンドCID (bbCID)スキャンモードを使用することで、高分解能で正確な親イオン質量、真の同位体パターン、診断フラグメントイオンを含む広範なデータセットを継続的に得ることができます。これらすべてのデータを組み合わせ、TargetScreener HRの保持時間情報を追加することで、誤検出が実質的に排除され、スクリーニング結果に最大の信頼性が得られます。

スクリーニングの間、QTOF質量分析計は、低衝突エネルギー(TOF-MS)と高衝突エネルギー(bbCID)MS/MSを高速かつ連続的に繰り返し、1回の分析でプリカーサーイオンとフラグメントイオンの正確な質量情報をシームレスに収集します。

TargetScreenerソリューションの中心にあるのは、正確な質量の農薬データベースです。モノアイソトピックイオンの高分解能な質量情報と保持時間データに加えて、データベースには最大10の高分解能診断イオン情報が含まれており、bbCIDフラグメントイオンと'インソース'フラグメントイオン、さらに付加体と異性体の情報で構成されています。

異性体である農薬プロメトリンとテルブトリンを明確に区別する診断イオンの高分解能抽出イオンクロマトグラム

TargetScreener HRの正確な質量情報と保持時間データベース

「例外ベース」アルゴリズムを利用したインテリジェントなデータレビュー
TASQ ®(Target Analysis for Screening and Quantitation) ソフトウェアは、スクリーニングと定量のデータ処理を行います。TASQは診断イオンを使用して誤検出を減らし、スクリーニングワークフローに新たなレベルの信頼性をもたらします。

解析結果への信頼性を確保するために、TargetScreener HRワークフローでは、4つの次元で確認が行われます。

  • 親イオンまたはアダクトイオンの正確な質量
  • 保持期間
  • 同位体パターンの忠実度
  • 診断フラグメントイオンの正確な質量

色分けされたスクリーニング結果は、分析者の希望に応じて、サンプル中心または分析物中心で簡単に確認することができます。レビュー後は、定性および定量サンプルレポートを簡単に作成することができます。

TargetScreener は、フルスキャン MS および MS/MS モードにおいて、感度や分解能を損なうことなく「すべてのイオンを、すべての時間で」検出し、完全で制限のないデータセットを提供します。診断イオンは、偽陽性を排除するための強力な確認基準の一部として使用されるだけでなく、共溶出したアイソバリックな薬物の明確な同定結果を提供します。

利点

TargetScreener HR

ルーチンスクリーニングと詳細なレトロスペクティブ分析

TargetScreener HRを導入すべき主な理由
TargetScreener HR を使用すると、20分間の分析時間内に「すべてのデータを、すべての時間で」収集するため、レトロスペクティブな未知化合物の同定を行うことができます。そのため、既存サンプルに対して新たなスクリーニングを行うが必要がある場合でも、サンプルを再注入する必要がなく、簡単な操作で解析を行うことができます。

高度に整備された大規模データベースは、分解能、正確な質量、同位体パターン、付加体、bbCIDフラグメントパターンを取得したデータと比較することで、偽陽性、偽陰性を強力に排除します。また、食品の安全性や乱用薬物の分析に要求される法的な検出限界にも高感度かつ定量的に対応しています。

TargetScreener HRは、詳細な調査スクリーニングや定量化、レトロスペクティブデータマイニングに非常に有用です。

 

バージョン4.0では、TargetScreener HRソリューションにいくつかの重要な機能が追加されています。

  • ルーチン分析と研究分析の両方で、ターゲットワークフローとノンターゲットワークフローの両方を柔軟に使用することができます
  • ノンターゲットデータの取得、分析、レトロスペクティブデータマイニングにより「サンプルに何が入っているのか」「サンプル間の違いは何か」という質問に自信を持って答えられることができます
  • LCとGCの両方が使用でき、UHPLC-QTOFとGC-APCI-QTOFのワークフローを互換的に切り替えられる適応性
  • LCとGCの両ワークフローに対応した薬物、農薬、環境汚染物質のデータベースを拡張
  • 欧州の規制で要求されるすべての化合物を網羅した約400項目の水分析のための新しいデータベース

アプリケーション

TargetScreener HR

法医学分野におけるTargetScreener HR

複雑な体液を分析して薬物や毒性物質、およびそれらに関連する代謝物の存在を確認することは、特に「最初に正しいデータを得る」ことが重要な場合には、困難なアプリケーションです。TargetScreener HR は、このような課題に対応するように設計されており、サンプル中に薬物/毒物が存在するか否かを正確に報告し、いくつかの重要な分析データと情報を提供することで、同定の可能性を最大限に高めます。

TargetScreener HR - Get the full view
TargetScreener HRはブルカーのQTOF質量分析計と併用するために特別に設計されており、包括的なターゲット法医学的スクリーニングや臨床スクリーニング、体液中の薬物や毒物の確認と定量を可能にします。このソリューションは高度に自動化されており、毒物学的スクリーニングのためのメソッド開発時間を最小限に抑えることができます。

TargetScreener HRの心臓部には、法医学的に関連性のある2,000以上の化合物の高品質な法医学データベースがあります。高分解能データベースには、親イオン、付加体、フラグメントイオンの正確な質量データに加えて、同位体パターンと保持時間の情報が含まれており、20分の分析で結果に最大の信頼性を提供します。

 

a) bbCID診断イオンの重ね合わせたクロマトグラム b) bb CIDスペクトル、修飾子イオンは緑で囲んでいます。

 

柔軟性を高めるため、ユーザーは新しい化合物情報を簡単に高分解能MSデータベースに追加することができます。以前に分析したサンプルのレトロスペクティブ分析を行うことができます。

新規向精神物質(NPS)の標的化
標準化されたプロトコルを使用して高分解能MSデータベースに新しい化合物を追加する機能は、新しい合成カンナビノイドの数が爆発的に増加していることを考えると、特に重要です。TargetScreener HRは「すべてのデータを、全ての時間で」収集するため、すべてのデータファイルには、データベースに新しい化合物が追加されたとき、以前に分析したサンプルをレトロスペクティブに再スクリーニングするために必要なすべての情報が含まれています。

それでも同定できない場合、未知ピークのマススペクトルには、疑似分子イオンの正確な質量情報、元素組成の真の同位体イオン、正確な質量フラグメントイオンが含まれているため、化学構造を解明するための最良のチャンスを得ることができます。

さらに、ブルカーのQTOF装置は、非常に高感度かつ幅広いダイナミックレンジを持っており、定量分析において非常に適したシステムとなります。

これらの利点を総合すると、TargetScreener HRは、詳細な法医学的分析を行うための最も強力なツールとなります。

ブロードバンドCID (bbCID) データの取得により、2つの異性体合成カンビノイド、JWH-122とJWH-019が区別されます。ユニークなbbCID診断イオン(緑色枠でハイライト)は、明確な識別のために使用されています。

TargetScreener HR - 食品および水サンプルにおいて残留基準値を満たす分析

残留基準値を満たす自動化されたワークフロー
様々な複雑なマトリックス中の食品汚染物質を、規制上の最大残留基準(MRL)を満たすレベルまで分析することは、TargetScreener HRが得意とする課題です。殺虫剤やホルモンなどの化合物が頻繁に作られており、特に食品分析や水分析では、TargetScreener HRのパワーがこのような課題を簡単に処理します。

農薬分析と食品汚染物質のスクリーニング
農作物へのダメージを軽減し、その生産性を向上させるために農薬を使用することは、長年にわたり世界規模で実施されてきました。しかし、これらの化学物質が人間の食物や水のサプライチェーンに移行する可能性があり、その毒性から健康面で大きな懸念が生じています。そのため、食品、飼料、水に含まれる農薬の許容残留基準値は、地域や国際的な規制機関によって厳密に管理されています。

TargetScreener HRは、データ取得中にUPLCカラムから溶出したすべての化合物に対して、分子イオンデータとフラグメントスペクトルを常に取得することで、これらの課題に対応するように特別に設計されています。そのため、化合物を見逃すことはありません。これは、異なるスキャンモード間を高速で切り替えて、1つのデータセットで前駆体イオンデータとフラグメントイオンデータをシームレスに取得することで実現しています。

偽陽性検出を減らすための保持時間と診断イオン情報の蓄積。

 

このようなデータセットには、擬似分子イオン、付加体イオン、フラグメントイオン、および同位体パターンとその保持時間が含まれています。このすべての情報は、化合物同定のための強力なデータベースとして使用され、偽陽性および偽陰性の可能性を劇的に低下させます。 プリカーサーの正確な質量と保持時間の測定だけでは、特にQuEChERS抽出物のような複雑なマトリックスでは、多くの偽陽性につながる可能性があります。

検出されたすべての化合物は、その残留基準値に対して定量され、高い信頼性を持ったレポートが作成されます。

TargetScreener HRを使用すると 、2,000種類以上の化合物を正確にスクリーニングして定量化 することができ、汚染物質の存在を正確に報告することができます。

お客様の声

" 私たちの研究室では、より詳細な分析が必要な場合はいつでも、TargetScreenerが最適なソリューションとなっています。フルスキャンとbbCID高分解能質量情報を提供し、完全なレトロスペクティブ分析を可能にし、「一般的な未知スクリーニング」を扱うケースに理想的です。TargetScreenerは、新規向精神物質(NPS)とその代謝物を同定するための貴重なツールであり、構造解析や分析的特性評価を支援してくれます。また、TargetScreenerは、特に毛髪サンプルのような代替マトリックスにおける包括的な薬物スクリーニングにも非常に有用であることが証明されました。

Prof. Dr. Volker Auwärter, Institute of Forensic Medicine, University of Freiburg

詳細