酸化モニタリングと鮮度分析

食用油の分析(EPR)

この20年の間に、食品業界では、天然の植物エキスをベースとした酸化防止剤を様々な食品に使用するように移行してきました。その目的は、従来の合成食品添加物を使用することなく、賞味期限内の製品をフリーラジカルの酸化影響から守ることです。

microESR – 食用油分析のための電子スピン共鳴

食用油の酸化は、食品メーカーの間で大きな課題となっています。酸化は食品の保存中に発生します。フリーラジカルによる不飽和脂肪酸の酸化によって引き起こされ、最終製品の風味や味が損なわれる原因となります。この20年の間に、食品業界では、天然の植物エキスをベースとした酸化防止剤を様々な食品に使用するように移行してきました。その目的は、従来の合成食品添加物を使用することなく、賞味期限内の製品をフリーラジカルの酸化影響から守ることです。1950年代から1960年代に開発された合成添加物の多くは、現在では健康に悪影響を及ぼすことが知られています。

  • 賞味期限の長い製品の開発
  • 新しい配合に向けた開発の迅速化
  • 市場投入までの時間短縮
  • 新たな原材料の性能検証

最近では、「イノベーションキッチン」と呼ばれる、料理と科学を融合させた新しいトレンドが登場しています。ここでは、科学者や料理の専門家チームが、ナチュラルでヘルシーな食材を使ったユニークな新しいレシピを考案しています。このようなイノベーションキッチンの一つの側面は、賞味期限を最適化するための、新しい配合やレシピのテストを兼ねています。多くの古い試験方法が現在も使用されていますが、中には試験のための保存期間が長く、新しい製品を市場に出すための検証に時間がかかる方法もあります。電子スピン共鳴(ESR)は、食用油や食用油を含む食品を含む、多くの原材料の酸化過程で形成されるフリーラジカルを測定する検査技術を提供します。多くの場合、新しい製品のフリーラジカルに対する酸化耐性を検証する時間が、半分に短縮されます。

ブルカーは、食品中のフリーラジカルの酸化と賞味期限を測定するために設計された、自動化された卓上型電子スピン共鳴装置とソフトウェアソリューションを開発しました。システムとSOPを組み合わせることで、食品サンプルの酸化プロファイルを測定するための簡便なワークフローを提供します。

  • 最短30分で酸化耐性を測定
  • 最終製品の代わりにフリーラジカルを測定
  • サンプルの前処理と分析のためのSOPが付属
  • 非常に小型で軽量な装置

詳細は、 Edible Oil Monitoring のアプリケーションノートでご覧いただけます。

ブルカーマイクロESRの自動化

LabScape

磁気共鳴および前臨床イメージング向けのサービスとライフサイクルサポート

ブルカーは、最初のお問い合わせから評価、据え付け、その後装置が寿命を迎えるまでの購入サイクル全体を通して、お客様に比類のないサポートを提供することをお約束します。

LabScapeの保守プラン、On-Site, On-Demand, Enhance Your Lab は、最新の実験室に適した保守とサービスを行うために、新しいアプローチを提供するよう設計されています。