Surface plasmon resonance (SPR)

Sierra SPR-24 Pro

アッセイ開発から初期スクリーニングまで最高のパフォーマンスを提供する業界最高水準のSPRシステム

ハイスループット

8チャンネル/3スポットのアレイにより、24時間で8800回の相互作用分析を実現

sierra-spr-24-pro

ハイライト

Surface plasmon resonance (SPR)

様々なアプリケーションに対応

柔軟性
1本から8本までのニードルの組み合わせにより、最適な性能、柔軟性、広いアプリケーション範囲を得ることができます。
堅牢性
あらゆるSPRアプリケーションに対応し、細胞溶解液などのクルードサンプルにも対応できるように設計されています。
24個のセンサースポット
24個のセンサースポットに注入された最大8サンプルの同時分析。
生産性
8x3チャンネル/スポットアレイは、1つのセンサーチップ上に複数のコントロールやターゲットを配置し、1回のサンプル注入で最大のリードアウトを実現します。

特長

Sierra SPR-24 Pro

分子間相互作用のリアルタイム、ラベルフリー特性評価のための分析バイオセンサー

連続フローSPR分析
SPR-24 Proシステムは連続フロー型バイオセンサーで、サンプルと試薬を連続的に流れるストリームとして検出センサーに供給します。サンプルや試薬の注入が停止すると、「連続フローバッファー」がセンサーの上を通過します。

SPRアッセイにおける連続フローバッファーの配合は、測定される分子間相互作用に大きな影響を与える可能性があります。多くのアプリケーションでは、様々なバッファー環境でターゲットの相互作用を測定する必要があります。

Sierra SPR-24 Pro

フレームインジェクト

Sierra SPR-24 Proシステムのフレームインジェクション機能は、条件依存的な結合や作用機序の研究を可能にします。この機能は、使用中にシステムバッファーを置き換える際の各バッファー条件のほんの一部を使用します。分析条件下では、プレ結合だけでなく、解離も起こります。解離が終了した後、フレーム溶液バッファーを交換し、システムバッファーを再びマイクロ流体システムに流します。このように実験時間と試薬のコストを低く抑えることができます。同じバッファーは、すべてのフローセルに指定することができ、または最大8つの異なるバッファーを同時に分析することができます。

フレームインジェクトでは、最大8つのバッファー条件を並行して分析することができます。
Sierra SPR-24 Pro

個別のニードル制御で性能を最大化

個別ニードルコントロール
Sierra SPR-24 Proシステムの個別ニードルコントロール(INC)機能により、8本のサンプルピックアップニードルを独立して操作することができます。ユーザーは、1~8本のニードルの組み合わせを自由に選択して、最適なアッセイを設計することができます。

個別ニードルコントロールは、スループットが主な要件ではない場合には、時間、材料、リソースを節約しながら、Sierra SPR-24 Proの性能、柔軟性、アプリケーションの範囲を最大化します。

8本のニードルプローブヘッドは、8本のサンプルまたは試薬溶液を同時に処理できます。INC機能により、ユーザーは分析中にいつでも任意の本数や組み合わせのニードルを使用することができます。

利点

Sierra SPR-24 Pro

オンデマンドのスループット

Sierra SPR-24 Proは、各センサー上で異なるターゲットを使用したカイネティックアッセイから、複数のインラインコントロールを使用した詳細な分析まで、幅広いアプリケーションでより高速なスループットを実現します。

このシステムは、ブルカーのハイドロダイナミックアイソレーション(HI)連続フローマイクロ流体技術を採用しており、24スポットのSPR+センサーアレイにサンプルをフローストリームとして供給します。オプションのプレートハンドリングロボットと統合することで、Sierra SPR-24 Proは1日あたり4400以上のサンプルをアッセイし、8800以上の結合反応を生成することができます。

Sierra SPR-24 Proは、APIを介して自動スケジューリングソフトウェアに簡単に統合できます。

Sierra SPR-24 Pro

ハイパフォーマンスのスループット

柔軟性の高いSierra SPR-24 Proシステムは、ハイスループットのアプリケーションに最適です。8本のニードルで対応する24の検出スポットを提供します。 個別のニードル制御(INC)により、ユーザーは1~8本のニードルを任意の組み合わせで選択することができ、性能、柔軟性、アプリケーションの範囲を最適化することができます。

24センサー検出アレイは、3つのセンサーを含む8つのフローセルに配置されています。最大8つのサンプルを同時に分析することができ、分析サイクルごとに最大24の結合測定値を生成することができます。また、24個のセンサーはすべて他のセンサーとは完全に独立して配置することができ、アッセイデザインの柔軟性を最大限に高めています。

この汎用性の高いシステムは、特にスループットが主な要件でない場合には、ラボの時間と材料を節約することができます。

フレームインジェクション機能を使用して、装置内で最大8つのバッファーを同時に使用することができます。単一のアッセイで異なるpH、イオン強度、洗浄剤や溶媒の濃度、補因子や阻害剤の効果を評価できるため、よりシンプルで最適化されたアッセイが可能となり、最終的にはスループットと生産性が向上します。チャンネルごとに4つのセンサーを搭載したデザインは、最も複雑な分析でもスループットを維持しながら、コントロール分析に最大限の柔軟性を提供します。

Sierra SPR-24 Pro

生産性の向上

Sierra SPR-24 Proのデザインは、コントロール分析の柔軟性を最大限に高め、極めて複雑な分析でもハイスループットを実現します。サンプルは、アクティブセンサーだけでなく、2つのコントロールと同時にアッセイすることができます。

HSAやBSAなどのマトリックスタンパク質への非特異的な結合を早期に分析することが重要です。インラインコントロールを追加することで、必要なアッセイサイクル数が半分になるだけでなく、複数のサンプル調製間の潜在的なばらつきを排除することで、データの質を向上させることができます。

Sierra SPR Controlソフトウェアは、アッセイ開発の初期段階から事前に定義されたメソッドテンプレートまで、あらゆるケースに最適なソリューションを提供します。ハードウェアの柔軟性と、使いやすいドラッグ&ドロップ方式のメソッドエディタを組み合わせています。定義済みのプレートとメソッドライブラリーはワークフロー構築をサポートし、データビューではフローセルをリアルタイムで視覚的にモニタリングすることができます。

詳細

Sierra SPR-24 PRO

表面プラズモン共鳴のアプリケーション

 

フレームインジェクションを用いた条件依存性結合の検討
従来の条件依存性結合の研究では、高い試薬コストと長時間の分析時間が求められていました。フレームインジェクションは、低サンプル消費量でコストと時間を節約します。

 

アミンカップリングを用いた配位子密度の影響方法
最適な動力学的測定を得るためには、理想的な固定化レベルを見つけることが重要である。ここでは、異なるターゲットの例で影響を与えるパラメータを調べています。

 

タンパク質標的への低分子結合のスクリーニングと特性評価
SPR検出によるリアルタイムラベルフリー分析は、低分子医薬品や医薬品候補の生物物理学的特性評価のための強力なツールです。


バイオ医薬品のスクリーニングと特性評価
SPR検出によるリアルタイムラベルフリー分析は、タンパク質治療薬の生物物理学的特性評価のための強力なツールです。