Drug Development

高度な分析技術が医薬品開発を推進

創薬から製造への架け橋。検証、解明、最適化、モニタリングなど重要な作業を伴う医薬品開発においては、クリニックから市場に至るまで、大きさを問わず最も有望な分子のみを取得する必要があります。

層別化医療、そして精密医療への動きがますます加速しています。従来のブロックバスター薬の約90%は、患者の30%〜50%のみに有効です。臨床試験におけるがん化合物の約73%および非腫瘍性化合物の42%は何らかの形態のバイオマーカーを有しているため、「標的治療のためのプレシジョン・メディシン」として分類できます。

これは、医薬品開発全体を通して自信をより高める必要があることを強調するものです。このプロセスの初期段階では、できるだけ多くの医薬品と生物製剤の分子構造や動態に対して定性的および定量的分析を行います。医薬品開発の科学者たちは、最先端の機器にますます注目し、分析技術を組み合わせることによってもたらされる、さらなる洞察を達成、プロセスを合理化し、有望な新薬の進歩に大きく貢献しています。