Neuroscience

イメージング技術を組み合わせた脳の検査

前臨床神経科学研究の進歩には、イメージングツールの併用がつきものです。

神経科学は集学的な分野で、多様なモダリティを網羅して脳の病態と機能を検査します。健康な状態であれ病的な状態であれ、身体の反応を説明する鍵は脳に隠されています。そのため、脳卒中、アルツハイマー病、多発性硬化症などの一連の衰弱性疾患を理解し、そうした疾患の予防・治療戦略を立てる上で、脳機能の研究は欠かせません。

脳イメージングは、脳の微細構造、血管系、活動、そして、それらが神経障害や精神障害によってどのように影響を受けるかを調べるための強力なツールです。ニューロイメージングツールの進歩により、複雑さの増す問題に対処できるようになりました。前臨床動物イメージングは特に価値のあることが証明されており、臨床現場では不可能な、感度・特異性の高い研究デザインが実現します。In vivoおよびex vivoのイメージング研究では様々な疾患の根底にある病理学的機序が定義され、その結果、成功する治療介入法の開発が可能になりました。脳イメージングを用いて同定されたアルツハイマー病を示唆するバイオマーカーと脳の病態は、この破壊的な疾患の臨床症状を防ぐための革新的な戦略開発に使用されています。

Brukerは、脳を高解像度で描出できる高磁場前臨床分子イメージングシステムを提供しており、このシステムにはBiospec 15.2 T スキャナーのようなin vivoでのげっ歯類のイメージング用に特に設計された MRI スキャナーが含まれます。

さらに、神経科学者の方々にとっては、代謝情報が得られる弊社のポジトロン断層撮影法(PET)システムも有用です。例えば、PETを用いると、脳の代謝活性や受容体密度の変化が検出できます。Brukerのポートフォリオは、それぞれの長所を生かすようMRIとPETを組み合わせた PET/MR 装置を特徴とし、機能的・解剖学的ニューロイメージングにおいて非常に明瞭な描出を可能にしています。