Zoology and botany

動物学と植物学における非破壊イメージングの重要性

マイクロCTは最も一般的に使用されており、動物や植物の内部構造を維持しながら、非石灰化組織の3D画像が得られます。

動物学には、集団レベルや行動レベルなどでの動物界の研究のほか、動物全体やその構成部分の研究があります。動物の形態学や解剖学の研究には、内部構造や外部構造の画像を3Dで生成できる正確な可視化技術が必要ですが、動物組織の非破壊的イメージングに広く使用されている方法はほとんどありません。

X線コンピュータマイクロ断層撮影法(マイクロCT)は、ここ数十年に開発されたコンピュータ断層撮影法の小型版で、骨の研究に最も広く適用されています。しかし、マイクロCTは、非石灰化組織の定量的3D画像を作成するための強力なツールでもあり、水域環境と陸上の両方で見られる脊椎動物と無脊椎動物の構造の研究に使用することができます。マイクロCTの適用の幅は広く、その技術により、構成要素の細胞ひとつや1本の筋線維ほど小さいレベルまで、動物の軟部組織の部分を高解像度かつ高コントラストでイメージングすることが可能になります。

マイクロCTは植物学の分野にも適用でき、現在では、正確な非破壊3Dイメージングと植物の内部構造の定量化のための確立されたツールとなっています。その技術は、幾何学的形態計測の分析用に花の仮想3D再構築画像を生成するために使用されてきました。花のマイクロCTイメージングにはサンプルの前処理が必要なく、花を70%エタノールで保存すれば、この技術を使って調べることができます。バラの葉のような比較的低密度の微細な植物素材の画像取得には、Brukerの SkyScan 1275 のような特定のスキャナーが使用されてきました。

BrukerのSkyScanシリーズの高解像度マイクロCTシステムは、動物学や植物学の分野で適用できる魅力的で強力なツールを代表し、スキャンするだけでわずか数分または数時間で動植物の構造を綿密に3D画像として再構築できます。