OPUS ProcessReactions CMET

OPUSパッケージ:プロセスと反応

特にプロセス環境では、信頼性の高い安定したソフトウェアソリューションが必要不可欠です。ブルカーは、スペクトロメータの通信とデータ解析のためにOPUSソフトウェアを使用する独立したプラットフォームとして、CMETプロセスソフトウェアを開発しました。組み込み型のウォッチドッグ機能は、インシデント発生時に操作者の介入なしにソフトウェアを再起動させます。

CMETは、1つの設定インターフェースと1つのランタイム環境で構成されています。モジュラー式で柔軟なインターフェースを備えた設定インターフェースには、あらゆるバッチ分析と連続分析に応じたシナリオを設定するために必要なすべての機能が組み込まれています。これには、入力と出力の通信プロトコル、ならびにシナリオのセットアップを定義する分光計のセットアップ、プロダクト(検量モデル群)のセットアップが含まれます。

Runtime

シナリオの設定の中ではすべてが統合されており、ユーザーはある特定のスペクトロメータを、ある特定のプロダクトへのある特定の測定チャネルと共に割り当てることができます。必要なときは外部トリガーを定義して、測定の優先順位を定義することができます。

設定が完了したら、ランタイムソフトウェアを実行します。このソフトウェアでは、指定されたすべてのプロダクト(検量モデル)の現在の値とトレンドチャートを含む、動作しているシナリオのすべてが一覧できます。トレンドチャートの視覚化はブラウザで実行されます。

CMET Trend

CMETは、以下をはじめとする幅広い標準的な通信プロトコルを使用して、プロセス管理の環境への組み込みを可能にする最も一般的な業界標準インターフェースを提供します。

  • 4-20 mA
  • Modbus
  • Profibus DP
  • OPC
CMET Setup

パイロットプラントなどの産業分野では、化学反応の時間経過測定、視覚化および解析が非常に重要になります。そこで、ブルカーは適切な機能を備えた反応モニタリング専用のソフトウェアパッケージを提供しています。

  • 化学反応モニタリングと解析のための連続測定の設定
  • 直観的でスマートな視覚化オプションを備えたリアルタイム2D3Dスペクトルプロット
  • 多変量解析を用いたリアルタイムスペクトル解析
  • 測定前および反応モニタリング中の統合メソッドのインタラクティブ設定
  • トレンドとデータ分析を容易にするPCA(主成分分析)
  • 豊富なデータ処理と解析ツールを1つのソフトウェアに統合
  • 反応プロトコルのスペクトル情報データ抽出オプション、編集可能な注釈を含むイベントビューアー
  • 反応後のシーケンスをモニタリングするためのオプションを含む、終了ポイントを決めるためのさまざまなモード(手動または自動)
  • PCAまたは統合結果に基づく自動的な終了ポイントの検出
ReacMon Screenshot