アプリケーションの革新 - MALDIの特徴

1985年から現在に至るまで、MALDIは強力で汎用性の高いテクノロジーに進化しました。 その適用範囲はとても広く、飛行時間型質量分析計に結合されたMALDIは、タンパク質の配列決定、組織中の生体分子のマッピング、微生物の同定、および一日の数千のバイオアッセイの分析に使用されます。

MALDIの記事で紹介された研究の成果は、MALDIが持つ多様な進歩を示しており、科学の中で触媒作用を続けています。

"イメージングMSテクノロジー" - 特集記事

    • 顕微鏡下の組織のライスを見ると、特に染料やその他のインジケータでマークされた物質が確認できますが、それ以外の情報を得る事は深い経験が必要です。
    • 「IMSは、薄い組織切片などのサンプルから数百〜数千の化合物を標識をせずにマッピングすることが可能である点で、他のイメージング技術とは異なります。
    • "過去数年間、2つのアプリケーションがMALDIイメージングの関心と発展を促進しました。"コーネット氏のよると、 1つは、より大きな臨床研究の範囲におけるバイオマーカーの発見です。さらに、IMSを推進する第2のアプリケーションは、「医薬品開発を支援するための投薬治療薬およびその代謝産物の臨床前イメージング」です。

Article button
Imaging teaser 500x500