Solarix website header version3

scimaX MRMS – 科学を最大限に

scimaXは自信を持って同定を可能にします。

sub-ppm質量精度およびIsotopic Fine Structure(IFS)により、既知および未知の物質に対する信頼性の高い分子式の帰属が可能になる。

Powered by MRMS Technology, scimaX

  • 優れた極限分解能と質量精度を提供
  • 広範な質量範囲でIsotopic Fine Structure(IFS)解析が可能
  • 化合物同定に比類のない信頼をもたらします

 

 

Broadband IFSpng
ブロードバンドIsotopic Fine Structure(クリックして拡大)

scimaXは設置・メインテナンスが容易です。

scimaXは最新の7T伝導冷却マグネットテクノロジーを備えたMRMS検出器を内蔵しています。 これにより、scimaXフットプリントは大幅に縮小され、標準的なラボに設置できます。これらのマグネットには、液体ヘリウムの充填およびクエンチラインは必要はありません。

scimaXは統合された多目的な装置です

ESIおよびMALDIソース、ならびにいくつかのイオン活性化技術(CID,(n)ETD,(n)ECD)が含まれる。 ESIソースインターフェイスは、さまざまなオプションのAPIソース(APPI、APCI、GC-APCI)と互換性があります。

Tabelle scimaX
scimaX主な概要

諦めていた領域に手が届く、それがscimaXです。

…MALDIイメージング、メタボロミクス、石油化学などのように様々なアプリケーションに対応しています。

日中にESI実験を行い、帰宅時にMALDIイメージングデータを取得することで、24時間体制で生産性を飛躍的に向上させます。 優れた科学的な洞察力と画期的な進歩を求めているプロジェクトはscimaXにお任せください。

詳細情報

scimaX -生産性向上のための最新のMRMSテクノロジー

技術革新から生産性を鍛えるBrukerの伝統を継続しているscimaXには、革新的なコアテクノロジーがいくつも含まれています。

 

 

Solarix inside 500px

特許取得済みParaCell 2xR検出器

scimaXにはParaCell 2xRとAMP検出技術が標準装備されています。

Paracellは、従来のMRMSセルストラテジーからの出発点であり、広範なイオン安定性を提供し、他の検出スキームよりも分解能のオーダーが大きくなります。 ParaCellと吸収モード処理アルゴリズムの組み合わせは、Isotopic Fine Structure(IFS)情報への日常的なアクセスのための前提条件です。

Brukers 2xR MRMS機器は、マグネトロン制御技術と最新の高感度、低ノイズMRMSプリアンプを使用しており、分解能を犠牲にすることなく実験スピードと計器生産性を向上させる科学者の長年のビジョンを実現しています。

7T伝導冷却マグネットテクノロジー

ブルカーの革新的な7T超伝導マグネットテクノロジーは、より小型のフットプリントscimaX MRMSシステムの基礎です。 革新的な「伝導冷却」テクノロジーを採用し液体冷却剤の充填、クエンチダクトの設置が必要ありません。

scimaXは、標準的な実験室スペースで操作することができ、より広範な科学分野がMRMSテクノロジーのパワーにアクセスできるようになります。

ユニークなESI / MALDIデュアルソース

Bruker MRMS装置のみが、ユニークなESI / MALDIデュアルソースの操作を可能にします。 このソースはscimaXに搭載されており、エレクトロスプレーイオン化(ESI)ソースを経て導入された液体サンプル、またはMALDIサンプルのどちらかを使用することができます。 この非常に敏感なMALDIソースは、Bruker社のSmartBeam-II™レーザーテクノロジーを使用し、様々なサンプル調製技術を用いて様々なアプリケーションに、いくつかの小さな焦点直径を提供します。 MALDIとESIの間の切り替えは、ソフトウェアの押しボタンによって制御され、ESI / MALDIの同時操作も可能です。

dual source scimaX
scimaX includes Bruker‘s ESI/MALDI dual source.

イオン活性化技術

scimaXには、ECD、ETD、CID、EDD、SORI-CID、MALDI-ISD、およびNETD機能を含むさまざまなイオン活性化技術が含まれています。

Learn more about Application

イオン活性化技術

scimaXには、ECD、ETD、CID、EDD、SORI-CID、MALDI-ISD、およびNETD機能を含むさまざまなイオン活性化技術が含まれています。

Learn more about Application

scimaX brings “high hanging fruit” within reach …

… for applications like MALDI Imaging, Metabolomics, Petroleomics, and more

MALDI and MALDI imaging

Maldi imaging

scimaX is the ultimate MALDI imaging system for analyzing small to medium sized molecules. Its unrivaled eXtreme Resolution capability and sub- ppm mass accuracy, over a wide mass range, can differentiate images that are only mDa apart and are prerequisite for IFS analysis and formula confirmation.

Analyze complex mixtures directly with the speed and robustness of MALDI.  Visualize and map molecular distributions without molecular labels using MALDI imaging, and determine molecular changes occurring in spatially significant regions of samples.

MALDI Imaging

Phenotyping workflow for large cohorts

AXelerate 100

scimaX eXtreme Resolution allows for chromatography-free acquisition complementary to established NMR based solutions. The MRMS aXelerate workflow breaks free of LC throughput limitations and allows analysis of over 200 samples a day. This solution with MetaboScape based processing enables automatic annotation of molecular formulae for hundreds of known metabolites and molecular formulae generation for thousands of unknown analytes in complex samples for metabolomics and phenomics studies.

Phenotyping

Molecular Classification of Petroleum

Petroelomics

When seeing every molecule matters, MRMS is mandatory to unravel the potentially hundreds of isobaric species in complex mixture analysis, placing MRMS as the industrial standard for Petroleomics.  Now, scimaX enables high field performance at 7T, breaking conventional norms for complex mixture analysis.

Petroleomics

For Research Use Only. Not for Use in Clinical Diagnostic Procedures.