Solarix website header version2 960px

solariX MRMS - 明確な結果を得るためのルーチンIFS

solariX MRMS(Magnetic Resonance Mass Spectrometry)装置は、7T、12T、および15Tの異なる磁場強度を選択できます。

Tabelle solariX neu Neu
Key features of solariX series instruments

最先端の技術を駆使してルーチンIFSを達成する

他のFTMS技術と比較して、solariXは最新のMRMS、ParaCellおよびMagnetron制御技術の組み合わせを特長としています。 これは可能な限り高い質量分析能力を利用するための前提条件であり、広い質量範囲のisotopic fine structure(IFS)情報に日常的にアクセスします。

信頼性の高い元素組成を読み取る

IFSは、他のタイプの質量分析計のデータに欠けている情報を取得することが出来ます。solariX XRおよびsolariX 2xRの IFS機能を利用することで、分析対象物質の質量が測定されるだけでなく、その元素成分も特定されます。 Brukers SmartFormulaアルゴリズムと組み合わせることで、最大限の信頼性を持つ組成式を帰属することができます。

IFS picutre 350px

アプリケーションにMRMSテクノロジーの

  • ユニークなESI / MALDIデュアルソースを備えた7T solariX XR MALDI装置は、ラベルフリー低分子MALDIイメージング研究の標準です。 これにより、薬物と代謝産物の局在をマッピングし、オミクス研究との空間的相関を提供することが可能になります。
  • フローインジェクション分析(FIA)7T solariX 2xRを使用したMRMSワークフローは、時間のかかるクロマトグラフィを省くことで、フェノミクスやディスカバリーメタボロミクスのサンプルスループットを簡素化し、加速します。
  • 石油の分子組成を理解することで、環境のフィンガープリンティングと同様に、その挙動と特性の予測が可能になります。 ハイエンドの15T MRMSシステムを使用する分子分類は、石油処理の問題を解決します。

Learn more about Applications

solariX:革新からの生産性の鍛錬

BrukerのsolariX XRとsolariX 2xRは、技術革新の伝統の結果です。 これらの装置のコア技術には、ParaCell検出器、Absorptionモードプロセッシング、マグネトロン制御技術があります。 比類のない質量精度と共に、これは広い質量範囲に対してルーチンのIsotopic Fine Structure(IFS)分析を可能にします。 solariXシリーズで使用できる幅広いソース技術により、これらのテクニックを幅広いサンプルに適用して、柔軟な実験やワークフロー設計を行うことができます。

特許取得済ParaCell検出器

ParaCellは、solariX XRと2xRの実現技術です。 この検出器の概念は、従来のMRMSセルストラテジーからの出発点であり、広範なイオン安定性を提供し、他の検出方式よりも分解能のオーダーが大きくなります。 ParaCellとAbsorptionモード処理アルゴリズムの組み合わせは、Isotopic Fine Structure(IFS)情報へのルーチンアクセスのための前提条件です。

2xR技術は科学的ビジョンを実現し、生産性を向上

Brukers 2xR solariX装置は、magnetron制御技術と新開発の高感度低ノイズプリアンプを使用し、ハーモニクス検出方式を利用して分析速度と装置の生産性を向上させる、長年のビジョンを実現しています。

OPD 400px

オプショナルESI/MALDIデュアルソース

solariXシリーズの装置は、ユニークなESI / MALDIデュアルソースの操作を可能にします。 このオプションのイオン源は、エレクトロスプレーイオン化(ESI)から導入された液体試料またはMALDIサンプルを測定することが出来ます。 この高感度なMALDIソースは、Brukers SmartBeam-II™レーザー技術を使用し、異なるサンプル調製技術を用いて様々なアプリケーションにいくつかの小さな焦点直径を提供します。 MALDIとESIの間の高速切り替えは、ソフトウェアの押しボタンによって制御され、ESI / MALDIの同時操作も可能です。

Learn more about Applications

Discover previously hidden information to proof your results

Bruker's eXtreme Resolution Magnetic Resonance Mass Spectrometry (MRMS) technology enables scientists to see vital "hidden" information that is missing in data from other types of mass spectrometers. This advanced technology addresses the needs of specialists in a variety of focus areas that all desire efficient and precise solutions for their analytical problems. The unique value of this technology is Isotopic Fine Structure (IFS), resulting in unmatched confidence for compound identification that previously required guesswork.

High Resolution MALDI imaging

MRMS offers unrivaled mass resolving power and outstanding mass accuracy in the ppb range. This results in high resolution MALDI imaging data with the ability of straightforward identification of compounds from tissue directly with utmost confidence. Label-free molecular visualization is an enormous advantage in comparison to radioactive labeling procedures, such as whole-body autoradiography.

MALDI Imaging

Molecular Drug Imager: label-free compound mapping to support ADMET studies

Molecular Drug Imager is a complete solution for label-free distribution monitoring of drug candidates and multi-generational metabolites. In silico metabolite prediction interfaces with MALDI Imaging results from 7T solariX XR for automated mapping of reactive metabolites. Uncover new biochemical pathways by utilizing the broadband detection capabilities of 7T solariX XR to correlate distributions of drug-related material with changes in endogenous compounds or histopathology.

Molecular Drug Imager

Molecular Classification of Petroleum

A detailed knowledge of the exact chemical composition of crude oil and crude oil fractions is essential for the oil industry. Crude oils with similar or even identical bulk chemical properties can behave completely different. Therefore, detailed information on relative abundances of those problematic compound classes is of major interest to e.g. optimize processes.  Understanding the molecular compositional of petroleum allows for the prediction of its behavior and properties as well as environmental fingerprinting.

Petrolomics

‘Phenotyping’ by Magnetic Resonance Mass Spectrometry (MRMS)

MRMS eXtreme Resolution enables the acceleration of sample throughput in phenomics and discovery metabolomics research by omitting time consuming chromatography. Flow Injection analysis (FIA) or MALDI based workflows provide access to compounds not readily detectable by LC-MS analysis and simultaneously analyze known and unknown metabolites.

Phenotyping

For Research Use Only. Not for Use in Clinical Diagnostic Procedures.