SKYSCAN2214 banner

ナノスケール 3D X線顕微鏡

新しいマルチスケール3D X線顕微鏡SKYSCAN 2214は、1台の装置で広範囲のサンプルサイズと高い空間分解能に対応したシステムです。複合材料、医薬錠剤、電池材料、電子部品、地質学試料などの幅広い分野のサンプルを3Dイメージングし、様々な分野の可能性を開拓します。

SKYSCAN 2214は直径300mm径、400mm長のサンプルを搭載できます。12mm径以下のサンプルは、ピクセル分解能500nm以下で高分解能測定が可能です。

また、ダイヤモンドウィンドウ開放型ナノフォーカスX線源を採用し、500nm以下の焦点サイズが得られます。
さらに、最大4台のX線検出器が搭載可能で、分解能と視野が異なる3台のCCD検出器と大面積フラットパネル検出器から選択できます。

ブルカーの再構成ソフトウェアNReconは、取得したX線透過像をもとに大容量フォーマットのバーチャルスライス断面像を作成することができます。階層的再構成アルゴリズムを採用した再構成エンジンソフトウェアInstaRecon®は世界最速で、従来のGPUアクセラレーションによる再構成と比較して10~100倍のスピードアップを実現しました。
再構成した結果は、鮮明な3断面観察やリアリティあふれる3D表示で観察、さらに定量的な画像解析も可能です。

SKYSCAN 2214製品情報ビデオ

SKYSCAN 2214アニメーション