尿中代謝物の再現性ある定量

尿の分析は極めて複雑な反面、尿中の広範な栄養素や薬物、環境汚染物質の代謝経路を同定できるため、代謝分析には特に価値があり、そこから得られる情報も豊富です。臨床研究での大規模なサンプルコホートには、非常に優れた情報コンテンツと再現性で測定・分析が可能な自動化されたソリューションが必要です。

ブルカーのAvance® IVDr(In Vitro Diagnostics research)プラットフォームの新しいB.I.QUANT-UR™モジュールを使用することで、高精度、高感度で十分に再現性のある結果が得られるようになりました。このモジュールは、非臨床動物実験や臨床研究・トランスレーショナルリサーチ分野で高い実用可能性が示されてきました。

Contact Us

B.I.QUANT-URには3種類のバージョンがあります

  • B.I.QUANT-UR b: 基本のバージョン。ほとんどの人尿に含まれる50種類の化合物と濃度範囲
  • B.I.QUANT-UR e: 拡張バージョン。生後6カ月以降用の150種類の化合物と濃度範囲。IEMその他の疾患マーカーを含む
  • B.I.QUANT-UR ne: 新生児用拡張バージョン。150種類の化合物と濃度範囲。疾患マーカーおよび健康な新生児モデルでのノンターゲットクラス分類を含む。

B.I.QUANT-URは以下の領域にもお使いいただけます。

  • 疫学
  • 腎疾患、糖尿病、メタボリックシンドローム、肥満、癌等の一般的な疾患
  • モニターおよび治療の最適化
  • 微生物叢が関連した健康問題
  • 食物や環境の、健康への影響調査
  • 個人の尿代謝プロファイルにおける化合物濃度のモニター

拡張バージョンは以下の目的にも使用できます。

  • 小児学
  • IEM患者の薬効と治療のモニタリング
  • 機能性食品の有効性と用量・組成
  • 選択的スクリーニング
  • 新生児の健康