Magnet tech banner

核磁気共鳴分光法

核磁気共鳴分光法(NMR)は、多くの情報が得られる非破壊的な分析法です。NMRにより、分子構造や動的プロセスに関する詳細な情報が得られ、化学反応を直接観察することができます。またNMRは、複雑な混合物中でも分子の濃度を決定することができる主要な定量法でもあります。よく知られている水素や炭素、フッ素およびリンの分析に加えて、他の多くの元素の分析にも使用できます。
NMRは化学に不可欠なツールです。構造解明検証から反応モニタリングに至るまで、有機化学はこの強力な分析法なしには成立しないと言えます。また、他の分野でも、触媒の構造、バッテリーの電解質の状態や反応などの解明にも極めて有用です。 タンパク質は、筋肉の運動や酵素および受容体の特異性など、身体の無数の構造的・動的機能に重要な要素です。そのため、NMRを用いた生物学的研究の多くは、タンパク質の構造とタンパク質間の相互作用に重点を置いています。これは、内因性代謝物の相対的な量を決定するメタボロミクス研究で補完することができます。従ってこれらを組み合わせすことで、分子レベルでの多様な生体プロセスと外部刺激に対する生体反応の解明が進みました。
Brukerは、質量分析やX線結晶構造解析などの分析法と容易に併用できる、幅広いNMRソリューションを取り揃えています。AVANCE NEOシリーズは、より迅速な制御、改良されたダイナミックレンジ、優れた適応性と拡張性によって最先端のNMR性能を提供します。AVANCE NEO NanoBayは、その全てを小型化したパッケージに装備しており、ルーチン分析で最先端テクノロジーを利用できます。