Automation 1154x400

IT時代を反映して、企業や学術研究機関等では、サンプルチェンジャーまたはフローインジェクションシステムを用いたNMRの自動化が最も重要な地位を占めるようになり、1000台を超えるブルカーのNMR分光計が何らかの自動化モードで利用されています。研究室のニーズや最終目的によっては、この自動化にはハイスループットスクリーニング、終夜運転またはマルチユーザーオープンアクセス環境なども含まれます。

 

 

ブルカーのオートメーションは、サンプルの測定依頼からサンプルの前処理、分光計への移送、プローブのオートチューニング、データ取得と処理、そしてデータの出力とアーカイブを実行して完了します。