NMRにおけるブルカーのラボ・オートメーション

はじめに

IT時代を反映し、サンプルチェンジャーまたはフローインジェクションシステムを用いたNMRの自動化が最も重要な地位を占め、1000台を超えるブルカー製NMR装置が何んらかのオートメーションシステムとして産業界及び学術研究機関等で利用されています。研究室のニーズや最終目的に沿って自動化はハイスループットスクリーニング、終夜運転または、マルチユーザーオープンアクセス環境などが必要になってきます。

 

 

ブルカー社のオートメーションはサンプルの測定依頼から始まり、サンプルの前処理、分光計への転送、プローブのオートチューニング、データ収集とプロセッシング、そしてデータの出力と保管を実行し完了します。

 

関連情報